このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません。

【オタク婚活】腐女子の対男性ストレスを最小化するコミュニケーション

【とら婚公式コラム】オタク婚活 2018.08.13
【オタク婚活】腐女子の対男性ストレスを最小化するコミュニケーション
とら婚公式コラムにおいて、特に「オタク」に関連の深いコラムです

えるしっているか

コミケは

なつもみっかかんではない

こんばんはー(‘ω’)ノ
衝撃ニュースが入ってきましたね!コミケ4日間開催とのこと、これは忙しくなりそうですね(参加できない)。

しかし皆さん、今日は秋葉原の同人ショップ界隈が1年で最も忙しい日…そう、我々はまだ醒めない夢を見ているのです。
そのためコミケ期間特別コラム執筆の枷はまだ外すことができません。

さて、同人と言っても多くのジャンルがございますが、皆様、今の同人界隈執筆側の性別的勢力図をご存知でしょうか?

実はなんと、65:35で女性が多数派なのです!※ちょっと前の資料です
参照:https://www.comiket.co.jp/info-a/C81/C81Ctlg35AnqReprot.pdf

もちろん女性向けの同人も多くのジャンルがございますが、女性向け同人で一番最初に思い浮かぶのは「BL」と言っても過言ではなく、女性サークルの約40%が成人向け(しかも男性サークルより割合高いんやって…出所は前出)という統計が出ています。

そんな腐女子の方々に向けて、ここを直すだけで男性とのトラブルが劇的に減るよ!というワンポイントアドバイスがございます。


男性ちゃんはは語りたい


過去に、男女向け含めたコラムの中で「オタク男性の趣味の会話」に触れたものが実はこんなにございます。

【オタク婚活】オタクが特定のコンテンツを語り合うには
【オタク婚活】趣味に差のあるカップルの、趣味を一緒に楽しむ方法
【オタク婚活】モテるオタクとモテないオタク
【オタク婚活】オタク男性が出すべきではない話題、出すべき話題
【婚活全般】男女のコミュニケーションの相違と男女の抱く将来像(あくまで傾向の話)

なぜ私が何度も書いているかというと、それだけ男性は自分の趣味を話したいのです。そして、自分の趣味に近しい領域や、自分の好きな方が触れていることにも積極的に関わろうとするのが男性です。

つまり腐女子の皆さん、男性と付き合うと必ずこんな経験をすると思ってください。

彼 ら は 絶 対 に、腐 女 子 の 皆 さ ん の 書 い て い る 作 品 を 見 よ う と す る
彼 ら は 次 に、そ の 作 品 に 言 及、も し く は 原 作 に 言 及 す る! し か も 中 途 半 端 な 知 識 で!

ただ皆様、それをやられると正直「イラっと」しますよね。大切にしている作品世界観や自分の解釈の世界とキャラクターの物語を踏みにじられている感、好きな人だからこそ見られたくはない自分のプライベートな世界を覗かれるような行為…。

・男性側に学習してほしい
・男性は人との距離感や人が大切にしている世界を理解してほしい

そのお気持ち、よーく分かります。もちろん男性側に理解させる必要がございますが、ちょっと待ってください。

男性のアクションに対する選択肢を誤ってしまったら、一気にBAD ENDという可能性がございます。皆さん自身もGOOD ENDに至る最適解を理解しておく必要がございます。


女性的コミュ障を解消する


その男性からのアクションに対し、多くの方は衝突を避けるために受け流しつつ、その表情・声色・態度で(察してくれ。。。)と思っていらっしゃいませんか?

そしてそのイライラが募って、下記に陥りませんか?

ここでのBAD ENDルートに入る選択肢は「(嫌なことを)受け流す」です。ここに関しては女性の苦手なコミュニケーションです。

女性は社会性や公共性を重視する傾向にあると捉えております、そのためなるべくコミュニティに不和が生じるコミュニケーションを取ろうとしません。それが過ぎてしまうと、相手へ否定的な発言ができなくなります。

そして募ったイライラを抱えきれずに爆発し、そのBLにズカズカ踏み込んでくるという感情と、それと同じ感情を思い起こすあらゆる男性の行動に対する不満をラッシュのように男性に打ち込むという女性的コミュ障に陥ります。

女性同士であれば、その細かい状況からなんとなく察することが出来るのですが、一方男性はコミュニケーションに結論を求めたがります。そして都合の悪いことに、その結論を明示されなければ好意的に解釈してしまう、ダメなことだと分からないというケースは非常に多くございます。

参照:【婚活全般】男女のコミュニケーションの相違と男女の抱く将来像(あくまで傾向の話)

そのため女性は男性とのコミュニケーションにおいて、察っさせるコミュニケーションでなく結論を明示するコミュニケーションを意識させると、男性とのコミュニケーションが格段に改善されます。

ではズカズカ踏み込んでくる男性とのトラブルを起こさないように何かを伝え、納得させるには普段からどうしておくべきなのでしょうか。

それは、「お互いのNGを『都度』共有する」癖を付けることです。

人は何かしらの違いやズレを抱える生き物で、その生き物が共同生活を営むので軋轢は必ず生まれ、ストレスが生じます。

そのストレスを解消する一つが「二人の楽しさや喜びを共有すること」だとすると、そのストレスを最小化するのが「二人のNG、嫌なことを都度・事前共有しておくこと」だと、個人的に思っています。

ただし、ネガティブな結論だけを提示したら男性は落ち込んで負の感情を抱えてしまいますので、必ず別の結論、代替手段を提示してコミュニケーションを完了していただくと、ストレス最小化と将来的なストレス解消(による現在のストレス解消)を同時に達成することができます。

例えば普段からこういう癖をつけてください。

彼:「今度のコミケに出すBL書いてるの?ねえねえ見せてよw」
女性「ごめん、それは嫌かな」
彼:「えーいいじゃんwあれでしょ、最近人気の安室書いてたよね?ガンダムの安室とシャアをオマージュしてるから人気なんだよね?」
女性:「●●、私あなたと一緒にアニメ見たりするのは好きだけど、BLってちょっとプライベートな部分をさらけ出している気がして見られるのは嫌だし、大切にしている世界観とかがあるから、出来れば名探偵コナンの創作関係は見て見ぬふりしてもらいたいな。ただ興味持ってくれてるのは嬉しいから、今度一緒に映画見に行こうよ」

 

以上、これは私の個人的経験をもとにした話が大部分でございますし、そもそもコミュニケーションに正解はございません。もちろん中には「別に私はBL見られたりしても平気だよ」という方がいることも理解しております。
この内容に縛られず、二人のちょうどいい距離感をぜひとも探してみてください。

関連コラム:【とら婚公式コラム】オタク婚活