このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません。

【婚活全般】ブス・喪女が婚活で勝つ4Pの原則

【とら婚公式コラム】婚活・恋愛 2018.11.24
【婚活全般】ブス・喪女が婚活で勝つ4Pの原則
オタク婚活のみならず、一般的な婚活、結婚相談所、婚活パーティ、ネット婚活、婚活アプリや恋愛に関しても適用できる事柄のコラムです

ブスすぎて辛い

一部自分の承認欲求を満たすためにあえて呟く方もいらっしゃいますが、リアルにそう自分自身を捉えている方もいらっしゃるかと思います。

婚活パーティで男性陣が全員若くて美人にアプローチし、2回あったフリータイムが苦痛でしょうがなかった…そう感じた経験を持つ方もいるでしょう。

一つの事実として、男性は異性を選ぶ判断基準において、視覚情報を重視します。
より自分が興奮しやすいビジュアルの良さを安易に求めます。要は性欲重視なのです(※ご本人たちは無自覚ですが…)。
コミュ力がなくても、お金がなくても、中年でも、性格の良い人でも、2.5次元のあの人も、声優さんも、オタクでもそうでなくても、どんな婚活的価値を持つ男性でも、美人が大好きなのです。

ではブスに、「良い人を諦めて地雷と結婚しろ」と言うことでしょうか、結婚を諦めろと言うことでしょうか…いいえそうではありません。
ブスでも結婚は可能だからこそ、こう言っては失礼ですが森三中さんはすでに3名中2名がママになっているのです。

たしかに「きれいになる努力」をすることは必要ですし、男性に対する要件が少し高い場合「普通レベルに落とす」作業は絶対に必要です。ブスだからこそ他の価値を高める努力と、求める男性像を自分の市場価値に近づける努力を美人以上にする必要がありますが、どの戦場でもエースパイロットになれる美人ではないからこそ、自分自身がエース…とは言わずとも精鋭部隊になれる戦場を探す、精鋭部隊とは言えなくても将兵になれる戦場で戦う、つまり戦略が必要なのです。

普通の戦場におけるブスが小手先の作戦を使っても勝つことが出来ません。異性を落とす小手先のモテメイクやボディタッチは、もともと大きな戦力を持つ存在が使うからこそ輝きます。ブスが同じ戦場で使っても、隣の大きな輝きにかき消されてしまいます。

戦略とは、ブスと喪女のためにあると言っても過言ではありません。

なお、本稿では便宜上敢えて「ブス」と言う言葉を多用しておりますので何卒ご了承ください。
また、そのモテない理由が内面に起因する場合、戦略が意味をなさないことが多いです。内面とは、戦争で言うと兵士の走力や体力と言った、兵力の根幹をなす部分であり、そこの力がない場合はどこの戦場でも勝つことは出来ません。

太宰は著作『晩年』にてこのように書いています。
~おまえは器量が悪いから、愛嬌だけでもよくなさい。 おまえは体が弱いから、心だけでもよくなさい。 おまえは嘘がうまいから、行いだけでもよくなさい~


ブスの婚活四原則


さっそく結論になるのですが、ブスが婚活するうえで必ずこれを行わなければならないという4つの原則を書き記します。

①「聖母」になる
②防御しない
③普通の合コン、普通の街コン、普通の婚活パーティに行かない
④待たない

ではそれぞれ解説していきましょう。


「聖母」になる


結婚相談所の人間がこんな言葉を使って申し訳ございませんが、男性が結婚したいのはどちらの女性だと思いますか?

A:セックス好きで楽しく激しいセックスができるけど性格は少しきつめの巨乳美人

B:子ども好きで包容力があり寛容で優しい愛嬌のあるブス

Aを選ぶのは性欲優先の頭の悪い男性か、まだ年齢の若い男性の割合が多くなり、Bを選ぶのは30代以降の徐々に家庭環境に関しては保守的平和的な世界を求める男性や、割かし頭のいい男性です。

男性は様々な世界を旅をする船であり、どんなにボロボロになっても受け入れてくれる港を、自分のいない時に街を発展させ、街の住人を守り、どんな自分でも受け入れてくれる港を求める生き物です。

見た目が悪いのであれば、徹底的にその船が寄りたくなるように港の機能を高める=人としての内面をきれいにする必要があります。その船が寄りたくなるように、相手のカスタマイズ希望を受け入れる柔軟性を身に着ける必要があります。

自分よりも家族が大切、全てを受け入れる包容力のある「聖母」になる必要があります。化粧品やブランド品で着飾っても豚に真珠猫に小判、意味はありません。

具体的には

・子ども好き家族好き旦那好きであること
・責任感があること
・優しく寛容であること
・明るいこと
・謙虚で柔軟であること
・誰かのために何かをしたい気概
・常識的経済観念があり自分は質素でも気にしない事
・男性へのある程度の自由さを保証すること
・家事料理が得意であること
などですね。徹底的に、だれにも負けないよう高めましょう。


防御しない


防御しないという言葉を言い換えると、すぐに落ちそうな安い女になれと言うことです。

男性がアプローチしたいのはどちらだと思いますか?

A:自分のお勧めにうんともすんとも言わなず、身体的に距離を取り、我が強く、自慢にうんざりし、自分に意見してくる美人

B:自分のお勧めにしっぽを振っていてきて物理的距離も近く程度の低い下ネタも笑って流してくれるブス

半分ぐらいの方はBを選びます。

男性は「あれ?俺でも落とせそうじゃね?」という隙のある女性に行きがちです。特に、自分が決してモテるわけではないと自覚していてそれなりに地頭よく柔軟な男性は。

警戒心を持ち男性との距離を取ってしまうからこそ彼氏ができない、というのは分かりますが、そこを大胆に変えていくと男性との交際は意外とすぐに決まります。

相手が目の前でちらつかせる餌(に見えないかもしれませんが)に徹底的に飛びつく癖を付けましょう。それが良く言われる「愛嬌」と言われるものの正体です。

男性の話をつまらながってしまっては普通の美人との比較に逆戻りになるので、努力の必要な部分です。


☆普通の街コンや普通の婚活パーティに行かない☆


普通の街コン、コンセプトのない普通の婚活パーティ。そこに参加する女性は美人がいると思いますか?

はい、いらっしゃいますね。

普通の出会いの場ですと、高確率で美人か、中の上の女性が混じりこみます。そうなってしまうと「比較」が発生してしまって詰みなんです。男性がみんなそこに殺到し、みじめなフリートークを過ごすことになります。

ブスの行くべき婚活の場は「男はいるけど女はいない場所」だけです。

女性がいないと、ごく限られた選択肢の中から男性は選択をすることとなりますので、コミュニケーションの機会が増えるのです。

所謂「オタサーの姫」状態になれる場所を選んでください。友達はその場から排除してください。友達は婚活に置いて「敵」と同義です。

具体的には
・男性は満席だけど女性はすっからかんで成立するかどうか際どい婚活パーティに行く
・男性の供給過多のパーティだけに行く(例:自衛隊、僧侶など)
・男性の供給過多の何かに属する(例:プログラミング、バイク、ミリタリ、サバゲー、公営ギャンブル、格ゲー、釣り、女性アイドル、女性アイドルアニメ、メイドカフェ、麻雀、萌えアニメ、ネトゲ、プロレス、モンハンなどなど)
・上記と同様の観点で、婚活アプリで同性の数がほぼないコミュニティだけを選ぶ
・女性需要の少ない男性にアプローチする(例:タバコ、ハゲ、デブ、実家暮らし、農家、地方在住、平均より下の年収など。地方在住お勧めです。関東なら群馬栃木茨城山梨あたり)

非常に重要なので星印を付けさせていただきました。


待たない


今や日本を代表するアイドルと言えるAKB48、彼女らはデビュー当時から人気だったと思いますか?

答えはNOです。小さな公演を繰り返し、小さなライブ、イベントでの顧客への呼びかけを繰り返しながら少しずつファンを獲得し、メディア露出や自分たち専用の様々な場所を手に入れていきました。

輝く何かを持っていたとしても、誰かにそれを見つけてもらわなければ始まりません。待っているだけで人気が出ると言うことはありえないのです。

そのため、皆さんの商品価値が高く、それなりに安く買えそうで、場所を工夫したとしても、男性に知ってもらわない限り選ばれることはないのです。そして、待っていても知ってもらえるのは「美人の特権」なのです。

女性はどうしても自分から男性にアプローチしない傾向にありますが、それで成功するのは美人だけです。

大原則としてブスは自分から動き、自分をPRして売り込み、自分を知ってもらうための機会を作らなければなりません。

そして相手に合わせて自分が「聖母で防御しない、あなたに合っている人間なんだよ」とPRする必要があります。

いいじゃないですか肉食で!どうせ婚活で会う相手なんて、一生付き合うか今生の別れの二択なんですから、友達に噂されるようなことはないです。どんどん恥ずかしいことやっていきましょう。


性格が悪いブスはどうすればいいのか


そのままでどうにかなると思わないで欲しい、どちらかは変えなければならない

という回答に留めさせていただきます。

さらに確率を高めるために二人三脚で進めたい場合は、是非ご相談ください。

お問合せ

関連コラム:【とら婚公式コラム】婚活・恋愛