このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません。

【婚期がネタになるキャラがリアルに婚活をしたら?】輪島 巴(花咲くいろは)の場合

【とら婚公式コラム】肩の力を抜くコラム 2018.07.03
【婚期がネタになるキャラがリアルに婚活をしたら?】輪島 巴(花咲くいろは)の場合
ちょっとした息抜きに、遊びを交えた記事をお楽しみください

はいどうもー♪

宣言通り婚期が作中でネタにされるキャラの皆様が、実際に婚活したら果たして成功するのかどうかを考えてみたいと思います。

さて、その前に婚期がネタになるキャラがどういった方々を指すのかをググってみましょう。

Google「行き遅れ キャラ」
Google「婚期 キャラ」
Google「婚活 キャラ」

そうすると、女性しかヒットしません。
特に目立つのは、中学や高校に在籍している女性教師(しかも20代)です。

確かに思い返してみると、私が見ているコンテンツでも、相手がいない、未婚(もしくは×あり)であることに言及する・される男性キャラはいますが、婚期がネタにされているかというとそうではない気がします。

さらに、主要視聴者が若年層(中高生)かつ男性の作品に多い気がするのは気のせいでしょうか。

ここには様々な理由がある気がしますが、それはまたの機会に置いておきますね。

さて、その場合記述できるのが基本的に女性キャラになってしまいます。
そのため男性には単純な読み物+男女関わらずの要素として、女性にはある部分は参考に、またある部分は反面教師にしていただければ幸いです。


CASE-1 輪島 巴 の場合


輪島 巴
年齢:28歳
地域:石川県
職業;旅館における接客業(正社員)
収入:約300~350万程度(※推測)
居住:賃貸に一人暮らし
資格:運転免許
趣味:サバゲ脳についていける方面の知識あり?
性格:明るく感情表現豊かで面倒見がよく決断力と責任感があり、ムードメーカー。人の心情や細かい機微を察する力を持つ。
容姿:中の上
スキル;料理、家事全般は人並み以上(※推測)
公式解説:噂好きで、覗き見好き。そのせいで回りが振り回されることも。面倒見はよく、緒花や菜子たちを気にかけてくれる。実は泣き上戸。
相手への希望:仕事を続けさせてくれる、地域は全国を見るがある程度お金を持つ方、年上可(※すべて推測)

参照:http://www.hanasakuiroha.jp/chara/tomoe.html


強み


①容姿:最大の強み
人によっては反論が巻き起こるかもしれませんが、巴さんは絶世の美人ではありません。学校のクラスでいうと、上とは言えないかもしれないけど綺麗なグループに属しています。

この容姿がなぜ最大の強みかというと、男性目線では「俺にも落とせそう」となる程度の要旨だからです。絶世の美女ともなると、実は優れたスペックを持っていてもそれに気が付いていない、自分に自信のない男性は自然と避けてしまいますし、結婚相談所以外の婚活だと「美人局」疑惑を抱いてしまうこともございます。

一方それなりの美人であれば、多少自分に自信のない男性でもアプローチしやすくなります。

②年齢
一般的に男性は自分以下の年齢なら、女性は何歳でも構わないという人が多いです。しかしながら25,6歳程度の男性は、まだ婚活よりも恋愛を好む年齢です。そのため、こと婚活に限ると、28歳程度から一気に男性の数が増えていきます。

巴さんは婚活の手段を選ぶことを間違えなければ、存在する男性の多くが、年齢だけを見ると自分にアプローチしてくる状況を選択することもできるのです。

③正社員である+その世代の男性の平均を上回らない収入
将来的に専業主婦になる可能性が誰にだってあるとしても、男性は「最初から専業主婦狙い(働くのが嫌、楽をしたい、生存能力がないなどマイナス理由で)」の女性を非常に嫌います。そのためフリーターや家事手伝い、派遣社員よりも、正社員として勤務している女性を好む傾向にあり、その点からも巴さんが正社員であることは評価を高くします。

しかし男性は自分より高給取りの女性に合うと、劣等感を覚えてしまいしり込みする傾向にあります。推測ですが、喜翠荘は決して高級旅館かつ稼働率が高いようには見えず、また地方補正もかかり、彼女の年収は高いわけではないと思われます。そのため収入的にも男性が手を出しやすい存在であると言えるでしょう。

④一人暮らし+生活能力の高さ
実家暮らしだと男性は気軽にお泊りに誘うことができず、家のルールや親の厳しさ、生活能力のなさを疑ってしまいます。

一方巴さんはそれなりに片付いた部屋で一人で生活し、電話しながら問題なく料理もでき、小料理屋で働くことも。そのため面倒な契約関連、体力的にきつい中でも様々なことを一人でこなせる力、家事・料理スキルは言わずもがな身についていると言うことができます。

⑤趣味
巴さんはサバゲーマーのノリに合わせた対応ができるため、男性的な趣味を理解している、もしくは調べて楽しむことができる性質だと言うことができます。

自分と行動を共にしてくれる存在を好む男性にとってはその性質は非常に好ましいもので、チャラ男から蘊蓄おじさん、オタクまで幅広く好まれるでしょう。

⑥性格
婚活において最もモテる性格は「ポジティブ」であることです。大人しくても活発でも、基本的にポジティブな言動をする人がモテます。その点巴さんは明るいムードメーカーで、さらに面倒見もいいため様々な方に慕われます。
容姿的にどの婚活でも男性からのアプローチが見込まれ、さらに直接話すとさらにその魅力にひかれるのです。
多少の噂好きさや、サバサバした面、たまにある残念な言動などはデメリットにもなりえないぐらい、性格の良さでのアピールが可能でしょう。


弱み


A 居住地
彼女は石川県の、さらに山間部の温泉街の近くに住んでいます。必然的に人の多いエリアからは遠くなり、出会いの機会が少なくなっています。また出会えたとしても、関係の継続を難しくしている一つの要因がこの居住地にあると言えるでしょう。

彼女は「お金持ちのお客様」も結婚相手の対象になると言っていましたが、定期的に決まった頻度で会えることは関係の継続に重要ですし、仕事の継続はしたいという意向があるため、関係の継続は難しいでしょう。

B 旅館の仲居という職業
さらに、旅館の仲居という職業が、仮に縁のあったかたとの関係の継続を難しくします。仲居はサービス業なので、土日祝日や世間一般の長期休暇が繁忙期にあたります。さらにそれらの職の方は、休みが連続しているわけではなく、夜に必ず家に帰っているわけでもございません。特に彼女の場合はパートではなく「仲居頭」という責任あるポジションなので、夜勤も十分あり得るでしょう。

そのため職業が、相手との関係性の継続をより難しくしている要因であると言うことができます。

C 相手への希望
あくまで作中の弁をとると、彼女は一定の経済力を有する方を希望しており、かつ仕事の継続を希望しています。
仕事の継続ができるということは、職業に対して理解がある、もしくはある程度すれ違いがあってもいい方であり、さらに一定の経済力を有する=地元の名家やある程度離れた場所に住んでいる優良企業の方となります。
前者ならば可能性がありますが、後者になると今現在の彼女の居住地・職業的問題から、ハードルは高くなってしまっています。


総評


総評すると、彼女の場合婚活をすると非常にモテます。様々な年代の入り混じり利用者が都市圏に偏っているネット婚活よりは、リアルの場で性格やコミュ力を伝えられるパーティか、経済性が求められ利用者の年齢が30代~が中心の相談所がおすすめでしょう。

しかしかなりのアプローチがあっても、うまくいくかどうかはまた別です。

彼女の場合、将来像の中に「仕事」が占める割合が普通の女性より大きく、また職業的に少し特殊な仕事であるため、普通の人が多い普通の場での婚活はお勧めできません。

それよりは、例えば同業で有名な「福屋」の男性従業員、それらの旅館と取引あるメーカーの方、その地方で大きな影響力を持つ地主や大農家などとの出会いを、友人や女将さん経由で会っていくことをお勧めします。

関連コラム:【とら婚公式コラム】肩の力を抜くコラム