このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません。

【第13回】上野さんの婚活プロフィール”ななめ”読み!

ラブホスタッフ上野さんの相談室【出張版】 2019.03.25
【第13回】上野さんの婚活プロフィール”ななめ”読み!
「ラブホの上野さん」原作者による恋愛・婚活テクニックの紹介、男女の違いの解説、会員様からのお悩みに回答させていただきます。漫画やドラマを見たことがない方もお楽しみください。

先輩見て下さい! 年収1500万円ですよ!!

凄いですね。30歳男性の平均年収は約400万円ですから、その4倍弱。もちろん各種税金を考えれば手取りはだいぶ下がることでしょうが、それにしたって手取りでほぼ1000万。間違いなく同世代でトップクラスの収入ですね。

こんな男性なら婚活楽勝なんだろうなぁー。いいなぁ僕も綺麗で可愛くて優しくて料理上手で僕よりも稼いでいて僕のことが大好きなお嫁さんが欲しいなぁ……。

君より稼いでいる女性はごまんといますが、君と結婚したい女性なんていったいどこにいるんですか……。よくもまぁそこまで現実を見ない希望が言えたものです。

いいじゃないですか夢くらい見たって……。

夢を見てると現実が悪夢になりますよ?まぁ君の話は置いといて、確かに30歳で年収1500万というのは凄いですね。

ですよね!

しかし……。

???

婚活サービスを否定するわけではありませんが、これだけの優良物件の男性がどうして婚活サービスを利用しているのでしょうか?

確かに……。

どうにも気になりますねぇ……。

年収1000万オーバーで何故? 低すぎる貯金額!

今回の森岡さんなのですが、いくつか気になる箇所がありますね……。

というと?

貯金額です。30歳男性の平均年収は403万。そして貯金額の平均は約400万円です。森岡さんは年収は平均の4倍弱なのに、貯金は平均以下なんです。

確かに変ですね……。

年収1500万もあれば、その気になれば1年で500万以上貯金することだって可能です。いくら何でも少な過ぎる気と言わざるを得ません。

使い過ぎるとか?

その可能性は高いですね。見て下さい。彼の住所を。東京都港区。港区のどこに住んでいるのかは分かりませんが、港区の家賃相場は1LDKで平均24万4千円。月収100万オーバーの森岡さんからすれば妥当な金額かも知れませんが、かなり家賃の高いエリアに住んでいるとは思います。

僕の月収より多い……。こんなの贅沢過ぎますよ!

まぁまぁ。森岡さんの職業が不動産営業であることを考えれば、これは必要経費みたいなものだと思いますよ。年収1500万オーバーということは高級マンションの分譲営業あたりでしょう。人に物を売るならまず自分が住んでみろ。ではありませんが、必要経費と言えなくもありません。

そんなもんですか……?

君が何かの間違いで大金持ちになりタワーマンションを買うとしたら、実際にタワーマンションに住んでいる人から買いたいと思いませんか? 台東区のボロアパートに住んでいる営業マンから1億越えのマンションを買いたくはないでしょう?

まぁ……。確かに……。

とは言え、年収1000万オーバーの男性であれば、家賃で毎年200万くらい飛んでも貯金は十分に出来るはず……。やはり貯金額300万円というのは気になります……。

お金のかかる趣味がない!

年収1500万であれば、家賃はせいぜい20万〜30万程度。流石に50万を越えるような物件に住んでいる可能性は低いでしょう。だとすれば、彼はいったい何にお金を使っているのでしょうか?

趣味とか?

ボードゲーム、フットサル、マラソン。森岡さんの趣味はこの3つです。もちろんお金なんて使おうと思えば無限に使えますが、この3つの趣味ってどれもそんなにお金のかからないものだと思いませんか?

マラソンなんてほぼ全くお金かかりませんもんね……。

ちなみに一条くん。森岡さんがこの3つの中で最も好きな趣味ってなんだと思います?

そんなのわからないですよ。書いてないじゃないですか。

書いてなくてもある程度は察することが出来るんですよ。

なんで?

ポイントはここ!お相手への希望:明るい方・趣味を理解してくれる方。相手への希望に「趣味を理解してくれる方」って書いてあるんです

それがどうしたっていうんですか?

考えても見て下さい。このフレーズを書くということは、逆に言えば森岡さんは「自分の趣味は理解されないかも知れない」と思っているということです。

だから?

あくまでも一般論として「フットサル」や「マラソン」は女性ウケの良い趣味でしょう。健康的ですし、お金も大してかからない。「女性ウケの良い趣味ランキング」なんかを作ればまずまず上位にランクインすることでしょう。つまり、もしも森岡さんがフットサルやマラソンをメインの趣味にしているのであれば「お相手への希望:趣味を理解してくれる方」なんて書く可能性は低いのです。

なるほど。ってことは……。

そう、森岡さんが最も好きな趣味は「ボードゲーム」である可能性が高い。おそらく森岡さんはボードゲームコレクターなのでしょう。家にボードゲームの箱がたくさん並べてあるのではないでしょうか?だからこそ「趣味を”理解”してくれる方」と書いたのです。自分と結婚したら揉めそうなポイント。「家に大量のボドゲがある」を理解してくれる方を望んだのだと思います。

お金はどこに消えている?

しかし見えてきませんね……。

何が?

ボードゲームなんてお金を使いたくても使えない趣味の1つです。普通に遊んでいれば月に1万円もかかりませんし、使おうと思っても無限にお金を使えるような趣味でもありません。

確かにボードゲームって高くても1個1万円くらいですもんね。

それに自己PRの文章も気になります。

なんで?

森岡さんの自己PRを読む限り、彼は休日に「ドライブやマラソン」をしたり「友人たちとボドゲしたりフットサル」をしたりしているんですよね?

みたいですね

前者と後者で差があるんですよ。

???

そもそも彼の仕事は不動産営業です。勤務地が新橋で年収1500万円を稼ぐことからも、高級マンションの営業あたりではないかと推測されます。

それで?

どう考えても土日休みの仕事ではありません。オフィスメインの不動産営業なら土日休みもあり得ますが、不動産業は一般的に土日は稼ぎ時です。そのため休みは平日。それなのに敵味方合わせて10人必要なフットサルが出来るのでしょうか?

た、確かに!!

しかしドライブやマラソンは1人でも可能です。そう考えると森岡さんのリアルな休日はドライブやマラソンを1人でしている生活なのででないでしょうか?

なるほど……。つまりフットサルやボドゲは実際にはあまりやっていない可能性が高いってことですね!

その通り。だとすると1つ。とんでもない金食い虫の趣味が見えてきますね……。

ドライブ……。

その通り。カスタマイズに凝れば月に100万円だって使用可能。港区に住んでいることを考えれば駐車場代だってバカになりません。森岡さんのお金が貯まらないのはこの車のせいなのではないでしょうか?

点が線で繋がった……。

ちなみに森岡さんが本当は「カードゲーム」を趣味にしているものの、それを隠すために「ボードゲーム」と書いたという可能性もありますが、それはまぁ今回は考慮しないでおきましょう……。

カードゲームってお金かかるんですか?

マジックのヴィンテージやってたらカード1枚で200万くらい……。

札束で人を殴るゲームや……。

極度の飽き性?

森岡さんの貯金が少ない理由の1つに車があるのは間違いないと思いますが、おそらく彼はそんなに車が好きなわけでもないんじゃないでしょうか?。

はい?

どうにも趣味に統一感がないんですよ。マラソンやってて、フットサルやって、ボドゲやって、ドライブ。さらに自己PRのこの部分。今まで行ったことのない場所に出向き、沢山の人や物と出会えるとリフレッシュになり、充実した日々を過ごしています。これは多分旅行のこと。あまりにも多趣味すぎるんです。多趣味であることが悪いわけではないのですが、多趣味な方は得てして1つ1つへの思い入れは少ないもの。だから車も別にそんなに好きなわけではないのではないか?と予想したのです。

なるほど

そもそも彼の自己PRを見る限り、かなりの寂しがり屋であるように感じました。

なんでまた?

趣味も全体的にみんなでやるものが多いですし、「人に会うこと」がリフレッシュになると言っていることもその傾向を感じさせます。また結婚相手にも「趣味を一緒に楽しむこと」を希望しているのも、寂しがり屋感がありますね。それを考えると、彼は本質的にボドゲやフットサルのような多人数で遊ぶ趣味が好きなものの、休みが平日なのでそれが叶わず、仕方なく車に手を出しているような印象を受けました。

確かに言われてみればそんな気もしますね。

港区に住んでいるのも、ステータスという側面ももちろんあるでしょうが、賑やかな場所が好きなんじゃないですかね?ですので、半年くらいしたら「車も飽きた」とか言って、別の趣味を探し出すような気がします。自分の寂しさを埋めるために様々な趣味に手を出す。客観的にみれば極度の飽き性のような性格なのではないでしょうか?

どうしてお金が貯まらないの?

私の予想では森岡さんは本来ボドゲやフットサルが好きなものの、休日の関係でそれが出来なくなり、様々な趣味に手を出している男性だと思います。幸か不幸か年収が高いので、その趣味を支えるだけの財力があったのでしょう。しかし、寂しい独身男性が趣味だけで満足するとは到底思えません。高収入の独身男性はだいたい4つの魔の手に捕まるのです。

というと?

酒・女・タバコ・ギャンブル。この4つ。大体プロフィールなんて自分のことをよく見せようとするものですから、1日10本吸うって言う男は、まぁ1箱(20本)は吸っていますよね。偏見ですが。とは言えタバコなんて大して金はかかりません。将来的には医療費が膨大になるかも知れませんが、今の時点では大したことないでしょう。問題は残りの3つ。特にギャンブルは106億円くらい簡単に使えますから。

大●製紙の話はやめろ。

港区には魔都こと六本木もありますからねぇ……。お金なんていくらあっても足りませんよ。

じゃあ森岡さんは六本木で豪遊しているって言うんですか?

いや、それはないと思いますよ。

なんやねん……。

勝手なイメージですが、六本木で豪遊している男性が婚活サービスに来ます? そんなもの使わなくても交友関係は広がりますから、結婚相手くらい見つかりそうなものです。ギャンブルにお金を突っ込んでいる可能性はありますが……。まぁ今回はそれは抜きにしましょう。偏見ですがギャンブルに金を突っ込む人って結婚願望がない気がしますし……。

じゃあ何が言いたいんですか?

高収入の独身男性は大体その辺に手を出す。なのに森岡さんは手を出していない。それならばこうも考えられませんか?森岡さんはそこまで高収入ではない。という可能性です。

は?

不動産営業の給料は歩合制

そもそも30歳で1500万円稼げる業界のほとんどは歩合制です。不動産仲介業もその典型業種。基本給20万、歩合で3000万なんている企業もざらにあります。

ほぼ歩合やん……。

ですので今年は年収200万円でも来年は年収1500万なんてこともあるようですよ。もちろん逆もですが。

つまりどういうことですか?

森岡さんは一昨年まで大して稼いでいなかったんじゃないでしょうか?年収はせいぜい400万程度。それが去年営業成績が好調で一気に年収が激増した。だから年収に対して貯金額が少ないという可能性です。そう考えると森岡さんの趣味の多くが「お金のかからない趣味」なのも納得ができます。もともとそんなに稼いでいなかったこともあり、お金のかかる趣味をあまりしていなかったのではないでしょうか?

な、なるほど……。

だとすれば車にハマったのも、港区に住み始めたのも今年からでしょう。去年の給料が多かったから、引越しをしたり車を買ったりした。そして高い年収をプロフィールに書くことが出来るようになり、婚活サービスも利用した。来年になると年収欄に「400万」と書かなくてはいけない可能性もあるからこそ、今年婚活に参戦したのではないでしょうか?

つまり先輩が考える森岡さんの人物像は……。

趣味はフットサルやボドゲなどの多人数で遊べるものを好む。特にボドゲが好きで、一緒にボドゲをやってくれる女性が希望。上仕事は不動産営業で収入に大きな波がある。貯金額から推測するに昨年まではそこまで高収入ではなかった。しかし昨年営業成績が抜群で高収入になったため、港区に引越した。また平日休みのため、フットサルやボドゲといった趣味をすることが困難になり様々な趣味に手を出し始めた。おそらくマラソンもその1つ。特に昨年は収入が激増したため、お金のかかる趣味の筆頭である車にも手を出してみた。とは言え本来寂しがり屋な性格をしているので結婚願望が強い。また年収が不安定な業界のため、高年収の武器が使える今年に勝負を仕掛けてきた。という人物なのではないかと予想します。

お、おう……。

でも意外と誠実な人なんじゃないかって思いますよ?

そうなの?

年収が上がって車買ったり、港区住んだりって、典型的な成金思想じゃないですか。多分森岡さんの周りには人が寄ってきたと思いますよ。金があれば人は寄ってくる。それが世の真理です。最初は森岡さんもそんな人を歓迎したことと思います。人間誰しも人が寄ってくれば嬉しいものです。ですが彼は多分気がついたんです。「あ、こいつらは俺の金に寄ってきているだけだ。俺が来年貧乏になれば、みんな去ってしまう」ってね。そこで彼は強烈な不安感に襲われたはずです。自分の年収は確かなものではない。来年は激減する可能性だってあるし、いつまでも稼げるとも限らない。だからこそ彼は結婚を希望したのではないでしょうか?自分が貧乏になっても一緒にいてくれる人を求めてね。

それのどこが誠実なんですか……。

年収が急に3倍にも4倍にもなれば、人間誰しも調子に乗りますよ。私も、もちろん君も。そして読者の皆様も。

そんなもん?

そんなもん。年収が増えても生活レベルを上げないでいられるのはごく一部の変人だけです。彼が港区に住み、車を買ったのも別に彼が思慮に浅い人間というわけではありません。年収が激増すれば誰しもそうなるのです。普通はそれでバランスを崩して破産ルートなのですが、彼は1年も経たずして自分の不安と向き合ったのです。かなりまともな人間だと私は思いますよ。

そんなもんなのかなぁ?

年収1000万オーバーは伊達じゃない!!

さて、もしも森岡さんと結婚するとしたら、年収が重要なポイントになるのは間違いないでしょう。仮に去年が偶然好調だっただけだとしても、30歳で年収1000万オーバーは伊達じゃありません。間違いなく高い能力を持っていると言えるでしょう。ですので1500万をキープ出来ないにしても、森岡さんが今後もそれなりの給料を稼ぎ続ける可能性は高いと思います。無論、今以上に稼ぎ出す可能性だってあるでしょう。

なら結構いい感じですね。

ええ、私も良い男性だと思います。収入が下がった時に生活レベルを下げることができるか、とか。離職率が極めて高い不動産営業業界で生き残ることが出来るのか、とか。そういう不安要素はありますが、そこまで大きな問題がある人物だとは思いません。

なんか棘があるなぁ……。

このコラムに掲載されているプロフィールはフィクションです。登場する人物・団体・名称等は架空であり、実在のものとは関係ありません。

関連コラム:ラブホスタッフ上野さんの相談室【出張版】