【とら婚4周年特別企画】上野さんの婚活データ分析!
「ラブホの上野さん」原作者による恋愛・婚活テクニックの紹介、男女の違いの解説、会員様からのお悩みに回答させていただきます。漫画やドラマを見たことがない方もお楽しみください。

【ご質問】

上野さんより、婚活データの分析をしていただきました。
下記とは違うデータをお渡しして分析いただいているのですが、
こちらもご参考にどうぞ→数字でみる、とら婚第2弾2020年度ご成婚者データまとめ

結婚相談所に入っても、どうせ結婚できない人

結婚相談所を考えているものの、入ったとして本当に結婚できるかどうか不安になることも多いでしょう。と言うわけで今回は結婚相談所のデータをもとに「結婚相談所に登録しても、どうせ結婚できない人」の条件をまとめさせて頂きました。

残念ながらこれらの条件に当てはまってしまった方は、結婚相談所に登録しても結婚できる確率は極めて低いと言わざるを得ません。

逆に今回紹介する条件に該当しない方は結婚相談所に登録すれば、かなりの確率で成婚できますので結婚をお考えの方はこの期に結婚相談所を検討してみてはいかがでしょうか。

◆年収 【年収はどの程度重要なのか】

男性の年収が結婚において非常に重要な要素であるのは間違いありません。
それでは具体的に年収がどの程度あれば問題ないのか統計データから紹介させて頂きます。

まず40歳未満の男性の場合、年収500万が極めて重要な指標になります。

例えば20代後半の男性であれば、年収が400万円から500万円に上がるだけで、結婚できる確率が6倍近く上がります。他の年代でも年収400万円と500万円の間には決して超えられないレベルの壁があり、500万円が1つの区切りになっているのは間違いありません。

また40代の男性の場合は年収700万円、50代になると年収1000万円を超えないとかなり厳しい婚活になる可能性が高いでしょう。これらの数値は全体的に平均年収よりかなり高い数字であり、かなり厳しい数字であるのは間違いありません。

ただし20代の男性の場合、年収500万円を超えると平均の3倍以上の確率で成婚するため、結婚する自信がない男性の皆様は20代で婚活を始めるのがお勧めです。

成婚が困難な条件

【条件1】年収400万円未満の20〜40代前半の男性
【条件2】年収500万円未満の40代後半の男性
【条件3】年収700万円未満の50代以上の男性

◆年齢 【年齢はどの程度重要なのか】

男性が成婚できるかどうかで最も重要な要素が年収であることは間違いありません。
一方で女性が成婚できるかで重要な要素は、ほぼ「年齢」で決まります。

残念ながらデータを見る限り、女性が成婚できるかどうかは「年齢」で決まると言っても過言では御座いません。女性の皆様にとってあまり気分の良いデータではないかと思います。

ただし年齢に関して言えば30代と40代で成婚率がかなり違うものの、30代後半まではそこまで成婚率に差は御座いません。また40代も前半であれば30代よりはかなり厳しいものの、そこまで厳しい数字では御座いません。

女性の年齢が成婚にかなり否定的な影響を与えるのは50代以上で御座います。

成婚が困難な条件

【条件4】50代以上の女性

◆タバコ 【タバコを吸うと終わる】

年齢と年収が成婚にもっとも大きな影響を与えるのは間違いありませんが、それ以外にも成婚率に大きな影響を与える要素として喫煙が挙げられます。

男性の場合、平均の半分程度。女性の場合は平均の3分の1まで成婚率が激減します。
また、日本人の喫煙率は男性が約30%、女性が約10%なのですが、結婚相談所に登録している方の喫煙率は平均よりもかなり低いこともデータから読み取れました。

具体的には男性が7%、女性が0.6%。


結婚相談所においては「喫煙者」はほぼ存在しないと言っても過言ではありません。ですので「自分はタバコを吸うから、タバコを吸う人と結婚したい」とお考えの方は、結婚相談所を利用しない方が良いでしょう。

成婚が困難な条件

【条件5】喫煙者(特に女性)

◆【年齢と年収が圧倒的に重要】

結婚相談所に登録されている約26000名を分析した結果、「男性は年収・女性は年齢が重要」という非常に面白みのない結果になってしまいました。

しかし、女性は30代後半まではほぼ問題ないというのは皆様にとっても驚くべき結果だったのではないでしょうか。昨今の晩婚化の影響もあり、女性は30代後半であっても成婚にそこまで大きな悪影響は御座いません。

逆に男性の年収に関しては、残念ながら一般で考えられているよりもかなり厳しい現実があると言えるでしょう。

年収400万未満の男性は20代であっても、成婚は極めて困難なのは間違いありません。
また年収1000万円を稼げばどんな年齢でも楽勝かと言えばそんなことはなく、年齢と年収のバランスがかなりシビアに審査されると言えるでしょう。

逆に20代〜30代で年収600万円以上の男性は、圧倒的な成婚率で御座いますのでこの条件に該当する男性で結婚をされたい方は結婚相談所に登録することをお勧め致します。

◆血液型 【血液型は成婚率に関係があるのか】

結婚相談所で結婚できるかどうかは「年齢」「年収(男性のみ)」「喫煙」の3つが極めて重要で御座います。しかしこの3つの条件ほどではないものの、意外なほど成婚率に差が生まれた要素がございました。

それが「血液型」
正直に言って私は血液型占いを全く信じておりません。科学的根拠は全く御座いませんし、たった4つしかない血液型で人間の性格や運命がどうこうできるはずがないのです。ところが結婚相談所のデータでは、とある血液型だけが成婚率に極めて大きな影響を与えておりました。

それが「A型女性」
もっとも成婚率の高い「O型女性」と比べると、実に13%も成婚率に差が御座いました。ちなみに初婚女性と再婚女性の差が約9%で御座いますので、それなりに大きい数字であることがお分かり頂けることでしょう。それでは一体なぜこのような差が生まれてしまったのでしょうか。

まず「男性は血液型によってほとんど差がなかった」という点に注目して考えてみましょう。
一般的に血液型占いを信じるのは男性よりも女性に多い傾向で御座います。ですのでもしも「血液型が〇〇型の人とは結婚したくない!」というような考えを持っている方がいるとすれば、それもまた女性に多い可能性が高いと考えられます。

しかし男性は血液型によって成婚率がほぼ変わりませんでした。
ですので女性が血液型で男性を選別しているという考えは少々無理があると言えるでしょう。

占いに影響を受ける女性?!

すると考えられるのは「血液型占いを信じる女性」が占いに影響を受けて行動が変化して、その行動が婚活に不利に働いたと考えてみるとどうでしょうか。

特に平均と差が大きかったのは、先ほど申し上げた通り「A型女子」なのですが、一般的な血液型占いでA型の性格としてよく挙げられる「生真面目」「慎重」「和を重んじる」といった要素は婚活においてマイナスに働くことが多いのは間違いありません。

確かに科学的に血液型と性格には何の関係もございませんが、「A型は生真面目」と占いで断言されてしまった結果「自分は生真面目なんだ」と刷り込まれることはあるでしょう。特に婚活中の女性は精神的に落ち込むことも多く、普段よりも占いに影響されることが多いのかもしれません。

私は血液型占い的なものを一切信じておりませんが、血液型占いを信じている人が血液型占いの影響を受ける可能性はあると考えております。あくまでも仮説では御座いますが、実際にA型女子が圧倒的に成婚率が低いというデータがある以上、このような現象があると言えるのかもしれません。

血液型ランキング

ちなみに気になる順位は以下の通りで御座います。
【成婚率が高いランキング】
1位 O型女性
2位 A型男性
3位 O型男性
4位 B型女性
5位 AB型女性
6位 AB型男性
7位 B型男性
8位 A型女性

※ただし2位から6位はほぼ差がない。

結婚相談所全体ととら婚データの比較

今回の記事はとら婚様に情報提供をして頂いて作成させて頂きますが、最後にとら婚様のデータと結婚相談所全体のデータを比較してみましょう。

男女ともに成婚率が平均より高いというような差も見られるのですが、とら婚様のもっとも異様な点は以下の2点で御座います。

(1)男性の申し込み数が異常に少ない
(2)女性の申し込み数が異常に少ない
(3)男性の申し受けが異常に少ない

まずもっとも異常なのが「申し込みの少なさ」でしょう。

婚活業界全体では男性1人あたり128回ほど女性に申し込みをしているのですが、とら婚様に登録している男性に限って言えば45回ほどしか女性に申し込みをしておりません。

また女性も業界全体では1人あたり67回ほど申し込みをしておりますが、とら婚様に登録している女性に限ると、平均して14回しか申し込みをしていないのです。

非常に失礼な言い方をすれば、とら婚に登録している方は全然行動しておりません。男性も女性も平均の半分以下しかアタックをしていないのです。

とら婚さんはなぜ結婚しやすいのか?

これだけであればとら婚という結婚相談所は酷い結婚相談所に思えてしまいますが、重要なのは「全然アタックしていないくせに、成婚率は平均よりも高い」ということでしょう。

つまりとら婚は「数撃ちゃ当たる」という方式ではなく、ピンポイントで自分に合った異性を狙っているので御座います。失礼ながらとら婚は「オタク向けの婚活!」を謳っているだけのことはあり、他の結婚相談所よりも消極的で慎重な方が多いのは否めません。

「数撃ちゃ当たる式」と「狙いを定めて一撃必殺式」のどちらが良いかという話では御座いませんが、やや消極的な方にとってはとら婚様のスタイルは非常に良いと言えるでしょう。

この記事はとら婚様の依頼で書いておりますが、この点に関して言えば間違いございません。データから導き出した理屈であり、何もとら婚を持ち上げるために書いているわけではないのです。

悪いデータ

ですので悪いデータももちろん紹介させて頂きましょう。

データから見てもとら婚様に登録している男性は「申し受け(相手から申込された数)」が平均の半分以下という数字。非常に露骨に悪い言い方をすれば「モテない男性」なので御座います。つまりとら婚という結婚相談所は「平均よりもモテない上に、自分からあまりアプローチが出来ない方々」を結婚へと導いていると言えるでしょう。

「オタクの婚活」という特化型の結婚相談所だからこそ、このような成果を出されているのだと思います。結婚をお考えのオタクの皆様はぜひとら婚をご検討してみてくださいませ。

とら婚より一言

上野さんの条件をまとめると、このような結果となりました。

【条件1】年収400万円未満の20〜40代前半の男性
【条件2】年収500万円未満の40代後半の男性
【条件3】年収700万円未満の50代以上の男性
【条件4】50代以上の女性
【条件5】喫煙者(特に女性)

いかがでしたでしょうか?
あくまでデータ上は婚活市場で不利になる方でも付加価値の付け方によっては成婚できる事例もございます。婚活は確かに目に見える条件で不利になる事がありますが、年齢や年収だけで全てが決まるものではございません。初期状態で難しい場合でもクリア時には変わる事が出来る方も沢山いらっしゃいます。成婚の秘訣は年齢や年収だけで決まるわけではなく、総合力を見られる場合が多いので、コミュニケーションが強かったり、目に見える条件以外の魅力が強かったり、お相手への希望が謙虚であったり沢山の要素が存在致します。それを解決する為に我々が存在致しますので、まずは何かお悩みがございましたらぜひ無料カウンセリングにお越しください。

関連:

低スペ男の婚活戦略 & コミュニケーション戦術

アラフォー女性には婚活需要がないは信じるな(アラフォー女性のSTP戦略)

ご成婚者インタビューまとめ

もっととら婚を知りたいと思った方は