このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません。

【第6回】借金があるときの婚活はどうするべきか?

ラブホスタッフ上野さんの相談室【出張版】 2018.02.15
【第6回】借金があるときの婚活はどうするべきか?
「ラブホの上野さん」原作者による恋愛・婚活テクニックの紹介、男女の違いの解説、会員様からのお悩みに回答させていただきます。漫画やドラマを見たことがない方もお楽しみください。

【ご質問】

女性です。
貯金が無かったり、ちょっとだけ借金があるのは恋愛対象や結婚相手の対象としてはどうなのでしょうか。
また、それを帳消しにする恋愛的な方法はありますか?

 

【回答】

 

※このお悩み相談の連載はとら婚という結婚相談所のサイト内で行われております。そのため「とら婚」の会員様から頂いたご質問に回答をしております。つまり今回のご質問者様は結婚相談所の会員様になります。 

 

ご質問誠に有難う御座います。

 

男女問わず「借金がある」ということに対してポジティブな感情を持っている方は存在致しません。奨学金や住宅ローンなどの借金であればまだしも、ギャンブルや買い物、娯楽費であれば尚更です。

 

特に女性は借金に対しての苦手意識は極めて強く、その他の全ての点が魅力的であっても「借金がある」というただ一点の欠点だけで結婚相手から外れてしまうことも少なくありません。

 

一方で男性は”女性と比較すれば”恋人の借金に寛容なようで、”それ以外の点が魅力的ならば”借金があっても恋愛対象として見ることが多いでしょう。特に女性の借金が止むに止まれぬ理由である場合は「この子のために俺が一肌脱ごう!」とむしろ恋愛感情を加速させる起爆剤になることもあるかもしれません。

 

今すぐ婚活をやめなさい

さて、それでは本題に入りましょう。

 

今回のご質問は結婚相談所「とら婚」で募集したものですので、ご質問者様は毎月1万円ほど婚活に使用されていることになります。

 

もしご質問者様が結婚をされたいのであれば、結婚相談所に支払っている1万円を借金の返済に充てた方が賢明でしょう。借金を帳消しにする恋愛的なテクニックを取得することに比べれば、「ちょっとだけある借金」を返済してしまう方がはるかに簡単です。

 

そもそも具体的にいくら借金があるのかは分かりませんが、もしも本当に「ちょっとだけ」であるのならば今すぐに返済してしまえば良いのです。

 

ですが返済をされていないのですから、おそらくご質問者様の借金は「ちょっとだけ」ではないのでしょう。50万なのか100万なのか、それとも1000万なのかは分かりませんが、たとえ借金が1万円であったとしても自分で返せない金額は「ちょっと」ではないのです。借金が「ちょっと」ならば、その「ちょっと」すらすぐに返すことが出来ないご質問者様は一体何なのでしょうか?

 

また借金の原因が書かれていないことも気になります。例えば大きな病気を患ってしまい借金をした、というような「不運」な借金であったとしたら、ご質問者様は借金の原因をご質問文に書いたことでしょう。

 

「不運であろうとも借金は借金だ。言い訳なんてしたくない」というような硬派な方の可能性も御座います。しかし、ご質問者様がそんな硬派な方であれば「ちょっとだけ」なんていう言い訳がましいことは書かないでしょう。

 

つまりご質問者様の借金は「理由を書くことが躊躇われる理由」である可能性が極めて高いのです。

 

理由が書けない借金なんて相場は決まっています。

 

男性なら酒・女・博打。

 

女性ならブランド信仰・美容整形・ホスト。

 

借金があるくらいは気にしない

借金にも様々な種類がございます。

 

奨学金だって借金ですし、住宅ローンもまた借金です。また法人として事業を行なっている方は基本的に少なからず借金があることでしょう。

 

先ほど申し上げた通り、女性は男性の借金に対して極めて否定的で御座います。一方で男性は女性が借金をしていたとしても、女性ほど強い嫌悪感は抱きません。

 

もちろん借金をしているという事実から「この女性はとんでもなく金がかかる」とか「この人はだらしがない」というような印象を与えてしまうこともあるでしょう。しかし、女性であるご質問者様が想像されている「嫌悪感」ほど強い嫌悪感を男性は感じていないことも事実です。

 

ですが、その上で残念ながら今のご質問者様と結婚したいと願う男性は現れないでしょう。それに、もしも私の友人がご質問者様と結婚したいと言ったら私は全力で制止します。

 

それは借金があるからではありません。

 

すぐに返せもしない借金を「ちょっとだけ」と言い、自分が抱えている問題点を解決しようとするのではなく、それを人頼みにするような質問をされる性格に問題があるのです。

 

自分と結婚する男性は、自分が今抱えてくれている借金という問題も解決してくれる。むしろその問題を解決して欲しいから結婚したい。

 

私からは今のご質問者様がそのようにしか見えません。

 

文章越しでもそれを感じるのですから、面と向かって出会ったら誰でもそのことを感じることでしょう。そんな今のご質問者様と結婚したいという男性はまず現れません。

 

ですので今のご質問者様が行うべきことは今すぐ婚活を止め、その費用を借金返済に当てることで御座います。

 

一発逆転を目指して婚活をされたのかも知れませんが、それはギャンブルで借金を返済しようとする馬鹿な男と何も変わりません。

 

ちなみに今のご質問者様と結婚をしたいという男性が現れ結婚をしたのなら、1年後に借金の額と離婚歴が増えたご質問者様がそこにいることを約束しましょう。

 

借金を抱え、結婚を焦る女性なんて、詐欺師から見ればカモ以外の何物でも御座いませんので。

関連コラム:ラブホスタッフ上野さんの相談室【出張版】