【第35回】相手と価値観が合わない時~違う角度から俯瞰してみよう~
「ラブホの上野さん」原作者による恋愛・婚活テクニックの紹介、男女の違いの解説、会員様からのお悩みに回答させていただきます。漫画やドラマを見たことがない方もお楽しみください。

【ご質問】

本交際に入ってから、彼女が家事分担や家計の管理、子育て方針などルールを決めたり、今から禁止事項まで取り決めようとしています。

話し合いをしようとは言ってはくれるものの、結局自分の意見を押し通そうとしてきて、自分の意見はほぼ通りません。彼女が言うには自分は何も考えていない、どうしてそんなに適当で無計画なのかと指摘されたりします。女性は妊娠出産もあるので、男性と比べると現実的に考えているとのことですが、この調子が一生続くとなると息が詰まりそうです。

彼女の言うとおり、自分が何も考えていないだけなのか、彼女が細かくて神経質し過ぎるので自分との性格や相性が合わないから、早く別れた方がお互いの為なのか、世の中の夫婦は誰でも乗り越えているものなのかどうか、アドバイスもらえませんか?(30代男性)

まずはじめに

ご質問誠に有難う御座います。

別れましょう。

世の中の夫婦が誰でも乗り越えているかどうかは分かりませんが、今回のご質問文を読む限りご質問者様がこの女性と結婚しない方が良いのは間違いありません。

物事をどの角度から見るのか

今回私はご質問者様の意見しか聞いておりません。ですのでご質問文にある状況は「ご質問者様から見た状況」であり、彼女様から見れば全く違う状況になっていることと思います。

ご質問文では「自分の意見はほぼ通りません」と仰っておりますが、多分彼女様も「私の意見が通らない」と思っていることでしょう。ご質問者様からすれば「ふざけるな」と言いたくなるような話だと思いますが、おそらくご質問者様が「自分の意見がほぼ通らない」と私が彼女様に伝えたら、彼女様も「ふざけるな」と言うことと思います。

もちろん私はご質問者様が嘘を言っていると言いたいわけでは御座いません。
ただ物事というのはどの角度から見るのかで、全く違う様相を示すものなのです。

そして重要なのは”ご質問者様の立場から見ると今回の彼女様は「一方的」で「頑固」で「堅苦しい」”ということ。もしかしたらご質問者様は「彼女が普通で、異常な自分が彼女に合わせるべき」とお考えかもしれませんが、そんなことは全くもって重要では御座いません。

結婚という2人の関係においては「自分の目から見て、相手がどう見えるのか」ということこそが重要なので御座います。

どっちが普通かはどうでも良い

ですので仮に彼女様が普通で、ご質問者様が異常者だったとしても、ご質問者様から見て彼女様の思考が自分と乖離しているのであれば、それはもう結婚を避けるべきでしょう。

ご質問者様が無計画すぎるのか、彼女様が神経質すぎるのか。
それともご質問者様が神経質で、彼女様がそれを上回るほど異常に神経質なのか。
はたまた彼女様が無計画で、ご質問者様がそれを上回るほど異常に無計画なのか。

今回のお二人の関係がどのパターンなのかは分かりませんが、どのパターンでも「2人の価値観が乖離している」ということだけは間違いございません。

もちろん今回のご質問文が全てご質問者様の被害妄想であり、彼女様は至ってまともな人間の可能性も御座いますが、例えそうだったとしてもご質問者様と彼女様の価値観が乖離していることには違いがないのです。

結婚相談所での男女の価値

結婚相談所の統計データを分析すると、結婚相談所における男女の価値が露骨に見えました。
残念ながら事実なので受け入れて頂きたいのですが、結婚相談所における男女の価値は「モテる男性>>>>女性>>>>モテない男性」となっております。

一部のモテる男性に女性のニーズが集中しモテる男はウハウハ。一方で女性はモテる男性から選ばれることに必死になり、モテない男は戦線に参加することすらできないという構造になっているのです。

問題なのはご質問者様が「モテる男」なのか「モテない男」なのかということでしょう。
もしもご質問者様が「モテる男」なのであれば、この女性と結婚しなくてもご質問者様にはいくらでもチャンスが巡ってきます。しかしもしも「モテない男」であればご質問様にチャンスは巡ってきません。

おそらくご質問者様はご自身のことを「モテない男」であると思っていることでしょう。失礼ながら、これまでの人生でモテたと実感されたことなどないでしょうし、結婚相談所に登録するくらいなのですから、そう思うのは無理もありません。しかしどうかご安心くださいませ。ご質問者様はまず間違いなく「モテる男」で御座います。

信じられませんか?
信じられないことでしょう。
ですがご安心くださいませ。

私は何も「こんなことを言えるような優しい男性がモテないはずがない」なんていう何の根拠もない綺麗事で「ご質問者様はモテる」と言っているわけではないのです。極めて明確かつ論理的な理由から、私はご質問者様はモテると言っております。

結婚出来る男は出来る

その理由は簡単。ご質問者様は結婚相談所で事実上、成婚できているので御座います。少なくとも本交際まで発展していることは間違いありません。

具体的な数字を出すと各方面から怒られそうなので控えさせて頂きますが、結婚相談所で成婚できる男性はその時点で上位X%のモテ男で御座います。このXに入る数字は、おそらくご質問者様が想像している数字よりも遥かに小さいことでしょう。本交際に発展できるというだけでもご質問者様は上位Y%。この数字もまたご質問者様の想像よりは小さいことでしょう。成婚、本交際できる男性は結婚相談所においてはそれだけで上位のモテ男なので御座います。

ですのでご質問者様は仮に今回の女性を逃しても、すぐに別の女性と本交際まで発展できるのはほぼほぼ間違いございません。

結婚した後に相手の性格への不満が出るのは仕方がありませんが、結婚する前、しかも別の女性も候補として存在しているにも関わらず、どうしてわざわざ性格に不満のある女性を選ばなくてはならないのでしょうか。

別れるか続けるか

とはいえ、おそらく心優しいご質問者様は「ここまで関係が進んだのに今更撤回するなんて相手に失礼だ」とお悩みのことでしょう。ですがご安心くださいませ。

もしもご質問者様がキャンセルをしたら、きっと彼女様は口汚くご質問者様のことを罵って下さることでしょう。何せ本交際に入った途端にこんなにもガンガンと要求をしてくるのです。その上、相手の話を聞く気もない。それが悪いとは言いませんが、ご質問者様の目から見ても、彼女様は部屋の片隅で泣いているような女性ではなく、同僚にご質問者様の悪口を言いまくっていような女性ではないでしょうか。

立つ鳥、跡を濁しまくる

幸か不幸かご質問文を読む限り彼女様は「立つ鳥、跡を濁しまくる女性」で御座います。

ですのでご質問者様は何の罪悪感を覚えることもなく、結婚を断ることが出来るでしょう。
どうかご安心くださいませ、幸いにしてご質問者は結婚相談所で成婚されました。

結婚相談所には様々なメリットが御座いますが、その最大のメリットとして「別れの言葉」を担当スタッフに言ってもらうことが出来ることでしょう。彼女様に会う必要すらないのです。毎月決して安くないお金を相談所に払っているのですから、嫌な仕事はスタッフに押し付けてしまって問題ございません。

とら婚より

いかがでしたでしょうか。
上記の例のように、実際に本交際に進んだ後、価値観の相違でお別れした方が良いパターンも多々ございますが、実はお別れしない方が良かったのでは・・・と思うパターンもそれなりにございます。

というのも、成婚までの過程が“スムーズ”な方と婚活が“長期化”する方とでは、次のお相手様が見つかるまでにかかる労力が異なってくるからです。もちろん、一概に活動期間の長さだけで結果の良し悪しを判断できるものではありませんが、ある程度の時間をかけて進んだ本交際が破局した場合、次以降も長期戦になる可能性は十分ございます。

【成婚までスムーズな方の特徴】
・相手に寄り添って物事を考えることが出来る方
・話し合いをしようとする意識やスキルがある方
・他人なので、価値観は合わなくて当たり前と自然に思える方

【成婚まで長引きそうな方の特徴】※該当する方程、ご自身で気付くのは難しいと思います・・・
・固定観念やこだわりが強く、考えが凝り固まった方
・自分本位な方
・話し合いが出来ない方

あなたはどちらに当てはまるでしょうか・・・?
【成婚までスムーズな方の特徴】に当てはまった方は、例えお別れを選んだとしても次のお相手様が見つかる可能性はそれなりに高いでしょう。ただ、少しでも引っかかりを感じた方は「価値観が絶対的に一致する相手」を永遠に探し続けるよりは、自分の考え方を見つめなおしてみたり、話し合いが出来る関係性を築く努力をすることをオススメしたいです。出来る努力を放置し、お互いに話し合いのスキルが不十分なまま成婚退会してしまうと、退会後の同棲、入籍、挙式後にお別れしてしまう悲しい結果に繋がってしまうかもしれないからです。

どのような経験も決して無駄にはならないかと思いますが、本交際に進んでからのお断りは、お互いにとって時間も精神的にも負担が大きくなってしまいます。本交際に進む前に、お互い重視したいこと、譲れない部分の価値観のすり合わせはしておくに越したことはないかと思います・・・!


関連:
結婚前に確認すべき20の事柄、36の価値観ギャップリスト
婚活コミュニケーションコラム集
ご成婚者インタビューまとめ

もし、何かお悩みございましたらぜひ無料カウンセリングにお越しください。

もっととら婚を知りたいと思った方は