このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません。

ご成婚者様インタビュー vol.13

【男性】40代前半 専門学校講師(趣味:アニメ、ゲーム、漫画、お酒)
【女性】30代後半 会社員(趣味:サバゲー、お酒)

  • 婚活を始めたきっかけを教えてください。

    私の姉が数年前にまさかの結婚をし、その子供が少しづつ大きくなったのを見て、孤独に対する恐怖感が少し出てきまして…。「この子に面倒を見られるのも」というところを考えてしまい、何か申し訳ないな、と思い婚活してみようという気になりました。

  • お姉さまのお子さんはおいくつぐらいなんですか?

  • 今6歳ぐらいですね。自分の子供も欲しいな、というところも正直ありました。

  • 「結婚相談所」について、入会前はどのようなイメージを持たれていたのでしょうか?

    システム的に誰かと無理やりくっつけられたり、恋愛することなく結婚するのだろうか、みたいなイメージを持っていました。何か「結婚をさせられてしまうのではないか?」という感じでした。

  • 最初のご案内の際にそうではないですよ、といった点はご説明させて頂いて安心頂けたのかな、と思っています。

    また「結婚のお相手とはイチャイチャしたい」とおっしゃっていましたが、できていますか?(笑)

  • どうでしょう(笑)

  • 適度にイチャイチャできています(笑)

  • 出来たばかりでまだ目覚ましい実績のなかった”とら婚”を選択された理由はなんですか?

    単純に自分がオタクだからというところがありましたが、決め手はとら婚さんのTwitterをみて、言っていることは至極正しいと感じたからですね。きっと信用できるし、オタクに理解があるだろうと思ったからというところが1番です。最後の一押しはクリエイター割引が適応されたからです。

    ※クリエイター割引:アニメ、漫画、ゲーム、同人誌、フィギュアなどの関わっているクリエイターさんに適応されるとら婚ならではの割引サービスです

  • ”とら婚” 入会後、どのような活動をされたのかを改めて教えてください。

    とにかく最初は、お見合い申し込み回数を必ず使い切ると決めてどんどんアプローチしました。お見合いを受けてくれなそうな、すごい美人とかにも、とにかく申し込みをしました。そうしたらお見合いは結構できたので、なんとなく大丈夫かもって感じになりました。

  • 様子見を見ながらという方も多い中、初期から非常に積極的にお見合いのお申込みをされていましたよね。

  • 年収の高い女医さんにも申し込んでみたのですが、数時間も経たず断られて「ちゃんと中に人がいるんだな」と逆に安心しました(笑)

  • 入会をご検討されている際、活動方針を決める際、活動中など、アドバイザーから言われて印象に残ったことやエピソードはありますか?

    最初に言われた「お子さんが欲しい、となると年齢的にはかなりギリギリと考えて下さい」が印象的でした。活動中にメインの担当者さんとは別の女性アドバイザーさんにも悩みを相談させてもらった時にしっかりと説教してもらえ、大変勉強になりました。女性の心や性の問題は自分だけではどうしても理解が及ばなかったので非常に助かりました。

  • 異性視点からのアドバイスがお役に立ったようで何よりです!メイン担当に限らず、別のアドバイザーの話も聞いてみたい、という時には是非おっしゃって頂ければと考えております。

  • 初めてのお見合いから真剣交際まではどんな感じだったのですか?

    最初のお見合いで話が弾んだのが、サバゲーと銃の話で結構ワイワイ楽しい印象でお付き合いしたいと思いました。二人ともお酒好きなのでデートは基本ご飯とお酒を飲みに行く感じでした。毎日LINEで「おはよう」とか「お疲れさま」を送りあっていて、そのうちふわーっと「好きだな」って気持ちが出てきて、うっかり「結婚してほしいいぃぃ」みたいな告白してしまって自分でも駄目だなと思っていたら、その日は当然笑って終わりになってしまいました。その後何回かデートをしていってやっぱり好きの気持ちは変わらないので改めてしっかりと告白しましたが、もうちょっと待って、と言われ結局3回くらい告白して真剣交際に進みました。変なタイミングで告白ばかりしてしまったんですが、見捨てられなくてよかったです。

  • 何回も告白されたご心境としてはいかがでしたか?

  • 好意は感じていましたが受け止めきれるかが不安でした。そこで、私も相談所の担当者さんとお話して、これだけ想ってくださっているのだからと反省しました。

  • しっかりと好意をお伝えできていたのが最終的に響いたのですね。

  • お相手様との印象深い想い出や、オタクならではのエピソードをぜひ教えてください。

    お台場の角のあるロボットやプラモデル売り場をぐるぐる見ていたのですが、彼女は分からないなりに「これは何?」と興味を持って聞いてくれたのが嬉しかったです。途中で寄ったプリンフェスが思いのほか…だったことも今となれば良い思い出です。

    あとはFミユージアムに行って綺麗なガキ大将と記念撮影をしたことですね。

    特に印象深い思い出だとつい最近ですが、彼女から「幸せにしてあげるよ」と言われたことですね!

  • 彼の方が乙女ですからね(笑)

  • どう返答されたんですか?

  • 「ありがとう、がんばるねー」です。

  • 乙女ですね(笑)

  • お二人の結婚の決め手は何でしょうか?

    彼女の優しさに包まれたと感じた時ですね!

    一緒にご飯を食べて「おいしいね」と笑いあったりして、生活を共にする想像が何となくできて、その後も色々話している中で節々に彼女の優しさや大切にされていることを感じたりした時に深く「結婚して一緒になりたいな」、「こんな感じで家族になれたらな」、と思いました。

  • お見合い当日、実は二日酔いだったのですが、早くから席をとっていてくれたようで、しっかりとエスコートしてくれたことが凄く良いイメージでした。それからのデートでも一緒に安心してお酒を楽しめたところも決め手の1つかもしれません。

  • よくお見合いで入るホテルで混むことが分かっていたので1時間前には席にいました(笑)

  • 第1印象でガッチリとハートを掴まれていたのですね。素晴らしい!

  • 婚活を検討中の方や、結婚相談所への入会を検討されている方へメッセージをお願いします。

    始めてみて実際に「ちょっと遅かったかも?」と感じたことは途中ありました。それでも、1年間やってみてから考えよう、と思いつつ活動に注力していたら半年ぐらいで成婚までたどり着きました。私自身、太目で、オタクで、カッコよくは無いので、「やる気と誠実さ」が大事だと感じました。ネットの情報に踊らされすぎず、年齢や見た目で諦めないで欲しいですね。

  • 諦めないこと、大事ですね。「諦めたらそこで…」ですものね。

  • 最後に、今後どのような家庭像を作っていきたいかを教えてください。

    笑って暮らせる、疲れたら支えあえる明るい家庭を築いていきたいです。

  • お考えも一致していて大変素敵です!末永くお幸せに!!