このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません。

ご成婚者様インタビュー vol.14

【男性】30代後半 医師(趣味:料理、ラノベ、漫画、アニメ、筋トレ、格闘技)
【女性】20代前半 工芸作家(趣味:金属工芸、ゲーム)

  • 婚活を始めたきっかけを教えてください。

    職場では仕事以外の話をする気が無く、このまま日常生活を続けてもおそらく結婚は不可能だと思ったからですね。

  • 最初にお話をさせて頂いた時には「お休みが2週に1度」と伺っていましたから、やはりお勤め先では、という形だったのですね。

  • 彼女にこちらを話した時に「ありえない」という、意見を聞いて僕ももう少し休みを取らないとな、と思いまして毎週1度は休むようにしています。

  • 生活改善にも繋がったようで何よりです(笑)

  • 「結婚相談所」について、入会前はどのようなイメージを持たれていたのでしょうか?

    とら婚入会前は他社相談所に在籍しておりましたので特に変なイメージはなかったです。他社相談所へ入会する前のイメージとしては、出会いの場は増えるだろうと考えてはいましたが、あとは結局自分が動けるかどうかなのでやるしかない、とは思っていました。

  • 出来たばかりでまだ目覚ましい実績のなかった”とら婚”を選択された理由はなんですか?

    他社さんで長らく結果が出ず、何を相談して良いかも分からなかったという部分がありまして、カウンセラーさんもオタクということなので、自身のオタクな部分をオープンにできることで相談や活動が気軽にできそうというところと、職場から近かったというところがありますね。

  • ”とら婚” 入会後、どのような活動をされたのかを改めて教えてください。

    ありがたいことに開始直後に申し受けがたくさんありまして…

  • ご活動開始直後から物凄い勢いでしたね。とら婚の女性会員様には割とあるのですが男性のとら婚会員様への百数十件越えという初月のお申し受け件数はいまだ破られていない記録になっていますよ(笑)

  • 当初は戸惑いながらも頂いたお申込頂いた方とのお見合いを続けていましたが、最終的には自分から申し込みをした方とご縁がありましたね。

  • 入会をご検討されている際、活動方針を決める際、活動中など、カウンセラーの対応や言われて印象に残ったことやエピソードはありますか?

    場面場面でアドバイスを頂きましたが、特に思い浮かべるとしたら序盤の大量の女性からの申込でドタバタしてしまっていた時に「何とかなりませんか?」と相談させてもらったところ「写真を非公開にしてみましょうか」という提案をもらったことでしょうか。そんな方法もあるんだ、と思いました。

  • こちらの対応以降、少し女性側からのお申込みが落ち着きましたよね。
    効果があったようで何よりでした。

  • 初めてのお見合いから真剣交際までの活動はどんな感じだったのですか?

    お見合いを含めて3回目にあったときに真剣交際を申し込み、5回目にはプロポーズさせてもらいました。自分で言うのも何ですが、すさまじいスピードでした。

  • お付き合い開始から半月と少しでお1人に絞られ、そこから2週間後にプロポーズでしたからね。なかなかそこまでの速さで決断をされる方は少ないのですが、素晴らしいです!

  • お相手様との印象深い想い出や、オタクならではのエピソードをぜひ教えてください。

    某機動隊のかわいい多脚戦車が萌えるかとか、某定番RPGの8作目の縛りプレイについて語り合ったことですかね。彼女からのそのRPGの裏ボスを電卓を叩いて計算しながら戦ったという話は非常に興味深かったです。後は新宿のVRゲームの施設に行ったことなどでしょうか。

  • 「平賀源内とアスベスト」、「ローマ帝国と鉛中毒」といった話題も非常に盛り上がった、ともお聞きしましたよね(笑)

  • こういった意外なところの話が合ったことで「この人だ!」というのを早い段階で自覚できた、というのがオタク婚活だなあと特に思います(笑)

  • お二人の結婚の決め手は何でしょうか?

    仕事が切羽詰まった時でも「早く会いたいな」と思えたこと、丸一日一緒にいてもストレスにならないどころか、もっと一緒にいたいと思ったからですね。

  • 「一緒にいたい」は1番大事な部分ですものね!

  • 婚活を検討中の方や、結婚相談所への入会を検討されている方へメッセージをお願いします。

    僕はとら婚の前にも婚活の経験があり、合計すると4年ほど活動したことになるのですが、もともとコミュ障気味ではあったもののトライ&エラーで徐々に改善することでやりきりました。とら婚での活動で良かったところは、お見合いやお付き合いの中で「失敗した! 恥ずかしいからもう会いたくない!」と思ったら最悪カウンセラーの方に連絡すればもう会わなくても構わないところですね。もちろん責任を相手に転嫁せず自身の反省とし、次回から活かせるような改善は必要ですが・・・。
    相談所という場の費用面に関しては、一生のパートナーに出会えるのであれば安いモノ。
    出会えなければその時はその時と割り切りました。
    まとめると、「入会は思い切る、費用は割り切る、活動はやり切る」これだけです。

  • 3つの「切る」、非常に参考になるメッセージをありがとうございます!

  • 最後に、今後どのような家庭像を作っていきたいかを教えてください。

    何か問題が生まれた時は一緒に話をして、一緒に考えて解決していけるようなお互いにとって安心感のある家庭を作っていきたいです。

  • おっしゃる通り、何事もお2人で「一緒に」進めていって頂ければと思います。
    末永くお幸せに!!