ラブゼミ ~上野教授の恋愛講義~
婚活や恋愛系の漫画、小説などを読み、感想とともに実際の婚活に生かせそうな部分をピックアップ!

ラブゼミ ~上野教授の恋愛講義~(1)』  (アフタヌーンKC)

上野_ラブホスタッフ@meguro_staff (原作)、 高倉みどり①巻2/10@asagaomidori(作画)


『ラブホの上野さん』で人気を博した上野が、今度はガチで恋愛指南!

片思いをしている大学生・洲崎。恋に悩む彼女の前に現れたのは、“恋愛ゼミ”を教えているという上野教授。上野から伝授される恋愛テクニックにより、洲崎の恋が動き出す――!

今日から使える恋愛メソッドが満載。
笑えて、そして役に立つハイテンションラブコメディ!


とら婚コラムでいつもお世話になっている上野様が恋愛テクニック伝授マンガの原作を担当され、当社へお贈りいただきました。ありがとうございます。

入りはギャグ要素強めなのでどうなるかと思って読み進めましたが、男女間でのコミュニケーション部分で実に参考となる内容となっており、さすが上野さんだなと感じました。

髙倉先生の絵柄も話にマッチしていて読みやすさ倍増しています!

●異性とのコミュニケーション=ハードルが高い

上記のように考えている方が多いと思います。
婚活をしていくうえでも異性とのコミュニケーションを取る場面が多くあります。
(交際に入ったら継続していくことになるのですが…)

本書では、「気になる異性に話しかけるには、つい返答をしてしまうような質問が良し」とあります。
突拍子もない描写で描かれているこの部分ですが、この『つい返答をしてしまうような質問』というのは、お見合いやデート時には非常に重要になってくると考えられます。

ここで、お見合い時によくあるお悩みという名の愚痴)を見てみましょう。
①質問をしたのに質問返しがなかった
②質問をしたのに「そうですね」等の返答のみだった
③全く質問をしてこなかった
上記のようなものが多く寄せられます。

①と②に関しては緊張していたかコミュニケーション能力が著しく低い相手だった
③に関してはあなたに興味がなかった
のように割り切るべきではあります。

しかし、本書であげられている『つい返答をしてしまうような質問』ということをすることにより、
①と②に関しては未然に防げるかもしれません。
③に関してはご愁傷様です。

質問→返答&質問→返答&質問……これの繰り返しが理想の形なので、
このループを作るために本書を読み『つい返答をしてしまうような質問』を意識して行っていけば
充実したお見合いが行えるのではないでしょうか。

その他にも参考になるテクニックが盛り沢山に描かれている「ラブゼミ」
気になる方は是非一度手に取ってみて下さい。

※大学生の甘酸っぱい恋愛模様も見れますよ!

コミックDAYSさんで1話、2話が無料で試し読みできます!

もっととら婚を知りたいと思った方は

フォームでお問い合わせ・無料相談

お電話でのお問い合わせ

03-6479-7691

【平日】12:00~20:00【土日祝】11:00~19:00 / 年中無休(予約制)