【第53回】映画『SLAM DUNK』公開記念🏀とら婚スタッフが選ぶ結婚したいキャラクターは誰だ!?
「ラブホの上野さん」原作者による恋愛・婚活テクニックの紹介、男女の違いの解説、会員様からのお悩みに回答させていただきます。漫画やドラマを見たことがない方もお楽しみください。
今回は映画公開記念ということでSlam Dunkのキャラクターに関してとら婚でアンケートを取らせて頂きました。

アンケート概要

アンケート対象:とら婚スタッフ

男性には『同性として憧れるキャラクター』『憧れないキャラクター』を、女性には『結婚したいキャラクター』『結婚したくないキャラクター』『付き合いたいキャラクター』を調査しました。

【エントリーキャラクター】

桜木花道
赤木剛憲
流川楓
三井寿
宮城リョータ
木暮公延
水戸洋平
仙道 彰
牧 紳一
藤真 健司

※湘北主要メンバー+公式人気投票上位キャラクター

アンケート結果

男性スタッフが同性として憧れるキャラクター
仙道 彰(4票)
桜木花道、赤木剛憲、三井寿、木暮公延、藤真 健司(各1票)

男性スタッフが憧れないキャラクター
三井寿(3票)
桜木花道、流川楓、木暮公延、仙道 彰、牧 紳一、藤真 健司(各1票)

女性スタッフが結婚したいキャラクター
木暮公延(4票)
三井寿(3票)
桜木花道(2票)
赤木剛憲、 牧 紳一、 仙道 彰(各1票)

女性スタッフが結婚したくないキャラクター
流川楓(7票)
赤木剛憲(3票)
木暮公延、藤真 健司(各1票)

女性スタッフが付き合いたいキャラクター
三井寿(4票)
流川楓(3票)
桜木花道、木暮公延(2票)
宮城リョータ(1票)

男女で評価が分かれた三井

「安西先生、バスケがしたいです」でお馴染みの三井寿。

今回、男女で最も評価が分かれたのが彼で御座いました。

男性からは「暴力はダメ」「完全なる逆恨み」というような否定的な評価が多かったのに対し、女性からは「私が面倒をみたい」「顔が良い」というような肯定的な評価が多く寄せられました。

怪我をしたのは不運だったとは言え、勝手にグレて勝手に逆恨みをして宮城を病院送りにした三井の男性評価が低いのは納得の結果でしょう。


井上雄彦 著 『SLAM DUNK』/(集英社)

「えらいやつってのは、始めからワルなんてならねえの!正直で正しい人間がえらいにきまってるだろ!」とこち亀の両津勘吉も言っておりますが、直向きに努力を続けていた木暮や赤木の方が三井よりも「立派」と言われるのも当然のことで御座います。三井に否定的な評価を下した男性陣はこのような理屈で物事を考えているのではないでしょうか。

一方で女性陣の評価は概ね顔。そして宮城をぶん殴った件に触れている女性は1人もおりませんでした。

より客観的で冷静な評価を下しているのは男性でしょう。しかしこれは男性が論理的であるという話ではなく、スラムダンクのキャラのほとんどが男性なのが原因だと思います。

要するに男性も女性も異性を見るときは顔に大きく影響を受けてしまい、冷静な判断が下せなくなってしまうということ。婚活でも恋愛でも、同性の友人に相談をするのではなく、信頼の置ける異性の友人に相談した方が客観的な評価を得られるのかもしれません。

結婚したくない男 流川

アンケート結果を見る前から予想はしていたことですが、「結婚したくない男ランキング」で堂々の1位に輝いたのは流川楓。
彼氏にしたいランキングでこそ2位にランクインしたものの、結婚したくない男では全体の半分以上の票を獲得するダントツの1位になりました。

この結果は女性の恋愛観と結婚観の違いを如実に表したと言えるでしょう。
短期間の関係や遊びの関係であれば顔だけで問題ないものの、長期的な関係や婚姻関係であれば顔だけというわけにはいかない。そんな女性の結婚に対する現実的な姿勢が見られました。


井上雄彦 著 『SLAM DUNK』/(集英社)

特に多かったのが「大事にしてくれなさそう」という評価。確かに流川はバスケ一筋なので仮に結婚しても一切家庭を顧みない可能性が高いでしょう。恋愛であればそんな彼の活躍を応援したいと思う女性も多いものの、結婚となれば話は別。家庭のことをどれだけ大切にしてくれるのかという内面が評価されるので御座います。

結婚したくない男2位の赤木

流川に次いで結婚したくない男ランキングの2位に輝いたのがバスケ部の主将であるゴリこと赤木剛憲。

そんな赤木ですが実は結婚したい男ランキングの4位にもランクインしており、女性によって大きく評価が異なる結果となりました。
ちなみに「彼氏にしたい男ランキング」では彼に1票も入っておりません……かわいそうに。

真面目で誠実、そしてバスケも上手なゴリですが、彼の評価が女性の中で大きく分かれたのには私も納得しております。確かに彼は作中で1位2位を争うまともな人ですが、彼のまともさはかなり相手を選ぶと言えるでしょう。

一緒に暮らす上で大事なのはやはり価値観が一致すること。
ゴリのような男性は一見すると最高の結婚相手に見えますが、彼と生活をするためには彼と同じくらい真面目で誠実でなければなりません。


井上雄彦 著 『SLAM DUNK』/(集英社)

ですので彼と同じくらい真面目な方にとってゴリは最高の結婚相手ですが、ちょっと遊び心のある普通の女性にとっては間違いなく堅苦しい存在で御座います。

現実の婚活でもゴリのような真面目な男性に惹かれてしまう女性は多いのですが、実際に生活するときのことを考えるのが重要になるでしょう。

木暮が1番

イケメン揃いのスラムダンクの世界において、木暮は決してイケメンキャラではありません。
さらにバスケの腕も作中では中くらい。それこそ物語の中盤以降はスタメンの座すら奪われてしまっています。


井上雄彦 著 『SLAM DUNK』/(集英社)

しかしそんな木暮こそが今回の結婚したい男ランキングで堂々の1位。イケメン流川もヤンキー三井も真面目なゴリもこのランキングでは木暮に歯が立ちませんでした。

その理由はなんといっても「優しい」ということ。

部員のほとんどを辞めさせてしまうパワハラ上司気質の赤木
まともに会話が出来ない上に、睡眠を邪魔されると殴る流川
逆恨みで宮城を病院送りにした三井

時代がヤンキー漫画全盛期ということもあり、基本的にDV男だらけなスラムダンクの世界において、ほとんど唯一と言って良いほど暴力を振るわない男である木暮が結婚したい男ランキングの1位になったのは当然の結果と言えます。


井上雄彦 著 『SLAM DUNK』/(集英社)

やはりなんだかんだ言って最後に選ばれるのは優しい男。恋愛ならまだしも結婚であれば優しい男が選ばれるということに男性の皆様は少し安心されたのではないでしょうか。

しかしここで1つ決して見落としてはいけない重要なポイントが御座います。

確かに木暮を選んだ女性の多くは「優しい」ということを理由に挙げたのですが、それに併せて「怒るときは怒る」ということも理由に挙げているのです。

ただ甘やかすだけの男性は優しい男性では御座いません。普段は優しくとも、怒る時はしっかり怒る。ただし怒る時でも決して暴力は振るわない。

そんな男性こそが真に優しい男性であり、そして結婚相手として女性から選ばれる男性なのでしょう。


井上雄彦 著 『SLAM DUNK』/(集英社)

とら婚より一言

いかがでしたか?

結婚したい人と彼氏にしたい人は男女共に違うという内容がアンケートと上野さんの解説でも読み取る事が出来ました。以前紹介しているコラムでは【混ぜるな危険!】という婚活で混ぜてはいけない条件も解説もさせて頂いているので、良ければこちらもご覧ください。

そして優しいだけではダメだ。という言葉は非常に大きなポイントです。優しいだけの男では相手の気持ちを動かす事は出来ないですよね。単に誰にでも優しい風の男になっていませんか?その行動では婚活で上手くいく事はございません。

どうしたら良いのか分からないという方にもとら婚ではサポートを行っておりますので、興味がある方は是非無料カウンセリングもお試し下さい。

それでは良き婚活を!


井上雄彦 著 『SLAM DUNK』/(集英社)

♡ご成婚者インタビューまとめ♡
もし、何かお悩みがございましたらぜひ無料カウンセリングにお越しください。

もっととら婚を知りたいと思った方は

フォームでお問い合わせ・無料相談

お電話でのお問い合わせ

03-6479-7691

【平日】12:00~20:00【土日祝】11:00~19:00 / 年中無休(予約制)