【婚活】混ぜるな危険
女性に役立つ情報のまとめです

皆さんこんにちは。とら婚です。

夏が終わって秋という時期ですが、婚活ではここからが年末に向けた勝負の時期です。クリスマスは成婚率も交際率も上がる時期なのでそちらに向けて頑張っている方も多いのではないでしょうか。それはそれとしてポケモンの新作も発売されるので、ポケモンが婚活に与える影響とはいかに・・・!

話しが逸れそうなので本題に戻しますが、【混ぜるな危険】という内容を婚活でお伝えします。

混ぜてしまう物

『婚活で沼に嵌る方で多いのは「普通の男」の定義が間違っている』という内容を以前コラムで紹介致しましたが他に沼に嵌りやすい内容を本日は【混ぜるな危険】という項目で解説していきます。

◆例
・付き合いたい方と結婚したい方
・結婚したい方と結婚したくない方
・恋愛感情と婚活
・婚活相手と普段の友人
・ご自身が考える結婚相手とご両親が考える結婚相手

今回は以上の内容を、皆さんの求める成功率を上げる思考へ変換していきます。

概念をぶち壊す

先入観のみに動かされている世界から正しい婚活ルートへ移動してみましょう。

【付き合いたい方と結婚したい方】の違い
<付き合いたい方>
◆男性
1位 美人もしくはかわいい
2位 性格が優しい、穏やか
3位 価値観が合う

◆女性
1位 性格が優しい、穏やか
2位 価値観が合う
3位 性格が誠実、まじめ

上記のような優先度合いが高く下記のような物を具体的に希望されるケースが男女で多いようです。
・ドキドキさせてくれる
・自分好みの見た目
・ステータス(肩書きなど自慢できる要素)

<結婚したい方>
◆男性
1位 価値観が合う
2位 性格が優しい、穏やか
3位 金銭感覚が合う

◆女性
1位 価値観が合う
2位 性格が優しい、穏やか
3位 性格が誠実、まじめ

上記のように優先度合いが高く下記のような物を具体的に希望されるケースが男女で多いようです。
・落ち着いて暮らせる安心感
・共通の価値観
・生活力

彼氏にしたい方はその場が楽しいというような現在を示す一方
結婚相手には安心感や生活力のような未来の結婚生活に求める物が重要視される違いがあるのでこれを混ぜるとどういう事になるのでしょうか。
ドキドキさせてくれそう、かつ落ち着いて暮らせそうな生活力と共通の価値観を持った、見た目が好みでステータスのある方という事になります。

冒頭で紹介したコラムのように、架空の存在を探す事になりかねません。
ドラマの主人公やアニメの主人公みたいな方は実際にはほぼいないので注意が必要です。

婚活のセオリーとして付き合いたい方と結婚したい方を混ぜるのではなく条件を最優先の2つまで絞ると現実的に探しやすくなります。

・ドキドキと安心感を与えてくれる方は相反します
・今を楽しませてくれる方と未来を安定させてくれる方も相反しやすいです

このように混ぜて考えるべきではない物を無意識に入れている場合は分けて考えましょう。貴方が探しているのは付き合いたい方ですか?結婚したい方ですか?

すでに付き合っている恋人と結婚したいならばそれで問題ないですが、婚活で付き合いたい方を結婚相手としても見ようとするとかなり苦戦します。初めて出会った人へ好意を抱くのは相当難易度が高いのです。更に婚活という場では結婚相手として・・・という条件を追加しているので自動的に厳しめに相手を見てしまう可能性があります。更には婚活フィールドは普段と違い、最初に気に入らなければ退場させてしまうケースが多くないでしょうか?

普段のご友人や知り合いであれば、最初は印象悪かったけど・・・何かのきっかけで印象が変わったというケースがあります。でも婚活ではそれが通用しません。

結婚したい人探し

さて婚活では基本的に結婚したい人を探しているのが普通だと思います。
しかし、結婚したい人を探しているはずなのに探し方を間違ってしまうケースが存在します。それは一体どんな時なのでしょうか?

【結婚したい方と結婚したくない方を混ぜる】
探すべきなのは結婚したい人です。
やってしまいがちな事として結婚したい要素を探して行くのが婚活では正しいのですが、結婚したくない人探しをしている方は結構存在しているのではないでしょうか。

人の嫌な部分ばかり目につく、嫌な部分だけを理由に結婚したくない理由を探している!という方は要注意です。【結婚したくない人探し】になっておりませんか。

そんな時は原点に振り返り、どんな人と結婚生活を送りたいのか?その条件とはどんな物なのかを改めて考えてみましょう。完璧な人間なんて存在を確認するのが難しいです。良い面も悪い面もあるのが人間です。ご自身はそんなに完璧なのでしょうか。

どうしても良い所探しすら出来ない。という場合は日常から特訓する必要があります。普段の生活から今日あった良い事探しをして日記を付けて下さい。

電車が1分遅れた。という事象ですら人によっての意見が変わります。
・なんで1分も遅れるんだ。ついてない
・何も感じない
・1分しか遅れていないならラッキー
上記のように受け取り手によって印象は変わってしまいます。得する考え方にシフトさせていく事が大切になります。

【恋愛感情と婚活】
これも混ぜると危険な要素です。場合によっては混ぜても構わないですが、その前に確認すべき事がございます。

貴方にとって結婚する上で重要な要素はなんですか???
・恋愛感情ですか?
・一緒に居て落ち着く方ですか?
・将来一緒に生活が出来そうな方ですか

恋愛感情が現時点で無いと相手を対象から除外しなくてはならない。こう思ってしまうのはある意味呪縛です。その方が良い方もいるかもしれませんが、まずはご自身の結婚に対しての必要な要件を洗い出しましょう。先ほどの付き合いたい方なのか、結婚したい方なのかの議論とも被る部分があります。

どうしても好きな方と結婚したい。それも条件にするのは問題ないですが、その場合は合理的な他の条件は外した方が良いタイプだと思われます。なんでもかんでも混ぜると成立がしにくくなるので注意が必要です。お会いした当初は気にならないが後から感情が芽生える方もおりますし、好きという感情ではなく一緒に居て落ち着く事を重要視してお相手を選ばれる方も多いです。

そして勘違いして欲しくないのですが、妥協しろという事ではありません。ご自身にとって妥当なラインを探す事がとても重要なのです。

ラスボス対策

そして非常に厄介で対策が必要なラスボスが存在します。

【ご自身が考える結婚相手とご両親が考える結婚相手】
これを混ぜてしまうと、決まる物も決まらなくなります。
結婚されるのは貴方自身です、親御さんではありません。

自分が良いと思ったが、両親に反対された・・・というケースは意外と存在します。まずは両親の言う通りにするという呪縛からは開放されるようにして下さい。

いやいや、両親との関係性は悪化させたくない。という方もおられるかもしれません。
そんな時は下記も参考にして下さい。
対策コラム:【娘はやらんて!!なんて言わないよね?】

上記でも難しい場合のコラム:寄り道、脇道、回り道……しかしそれらもすべて道

ご両親は大切かもしれませんが、20年、30年後に必要なのはご両親ではありません。だからこそコラムも読んで頂いた上で決断する事も重要です。結婚はある意味決断です。時間は巻き戻る事は無いのです。

大切なのは今と未来どちらでしょうか。ご両親に相談するのは問題ないですが、ご両親が相手を決めるというのであればご両親にお見合い相手を斡旋してもらいご両親が決めたお相手と結婚するのも手なのかもしれません。

だからこそ【ご自身が考える結婚相手とご両親が考える結婚相手】は混ぜてはいけないのです。混ぜると上手くいかない物が婚活では数多く存在いたします。

まとめ

いかがだったでしょうか?

婚活で大切な事は沢山ございます。上手くいかないのには原因がございますし、上手くいく理由も存在致します。婚活沼には非常にはまりやすく原因が分からず悩む事もあるかもしれません。上手くいく為にはご自身の婚活レールを正しく敷いていく必要があります。とら婚ではそのレールを敷くお手伝いをしておりますので、もっとご相談されたい方は無料相談をご利用下さい。

もっととら婚を知りたいと思った方は

フォームでお問い合わせ・無料相談

お電話でのお問い合わせ

03-6479-7691

【平日】12:00~20:00【土日祝】11:00~19:00 / 年中無休(予約制)