このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません。

【婚活全般】容姿に気を配ることは決して損をしない心理学

【チーフコラム】戦略×婚活 2018.05.01
【婚活全般】容姿に気を配ることは決して損をしない心理学
婚活を成功させるために、ちょっと毒を吐きながら、戦略的観点から婚活の様々なことを解説します。心に余裕のある時にご覧ください。

GW真っ只中となり、とても過ごしやすい陽気で絶好のデート日和ですね!
GW中は繁忙期のためずっと室内にいる我々にはなかなか実感しづらいことではございますが・・・

さて、そんなGW後半のデートに向けて、オタク婚活ではなく一般的な事にも通じる「容姿への気配り」に言及させていただきます。

ファンション&メイク講座のコラムを立ち上げたのはいいのですが、忙しさにかまけて全然更新しないAに代わる…ではなく、なぜ容姿に気を配る必要があるのか、容姿に気を配ることで得るメリットを3つにわけて解説したいと思います。
接客業や営業などの職種の方は、聞いたことがあるかもしれませんね!

人は印象で多くのことを判断する

人は一度こびりついてしまった印象に左右されがちな生き物です。

例えば最近の時事ネタを使わせていただきますと

過去に法律で規制されている性的犯罪を犯してしまった方
→ 倫理観を疑われ、その後婚活は当然ですが、お仕事でも穿った目で見られて未成年との共演は徹底的に排除されるようになります

その後更生して、現在の内面が清廉潔白であったとしても、「印象」に引っ張られてその方の現在の事実そのままの評価ができなくなる、人間はそういう側面のある生き物だという事をご理解ください。

そしてこの印象が、人と人の出会いにおいてどのタイミングで発生するかと言うと、出会った瞬間です。

そう、「第一印象」です。

この第一印象が良いか悪いかで、その後の交際に進めるかどうかが確定してしまうと言っても過言ではありません。

ではこの第一印象、出会ってどれぐらいの時間で決まると思いますか?
1日?1時間?1分間?

いえいえもっと短い、なんと長くても7秒間です。

印象における視覚情報の重要さ

ご存知の方もいらっしゃるかもしれません、上記は「メラビアンの法則」と言われている心理法則です。

7秒と言うと、出会ってから一言も声を発しない可能性のあるごくごく短時間ですよね。
そんな短時間で第一印象が決まってしまうのですから残酷です。

では印象がどのような要素で構成されているかを見てみましょう。

印象は上記の3つの要素で構成されています。
上記3つで100%だとすると、それぞれの割合は下記になります。

視覚:55%
聴覚:38%
言葉:7%

つまり、この中で一番重要なのは視覚情報になります。
コミュニケーションにおける視覚情報とは、話している人の容姿、ファッション、表情や仕草です。
見た目の印象がよいと、言葉使いや説明の仕方が多少悪くても、それを超える良い印象を与える事ができます。

実に半分以上を視覚情報で判断しているため、容姿を少しでも良くする、ファッションに気を遣う、表情を明るくすることは、人とのコミュニケーションにおいて必須と言えます。

そのため私は思うのです。

・アニメやゲームに時間とお金をかけてきたからファッションには無頓着
・容姿が悪かったり表情に乏しかったりして陽キャになれず陰キャになり、そのままだ
等をよく聞きます。
それは別にいいのです。

しかし、それを「そんな自分自身を受け入れて欲しい」という希望に結びつけ、改善の努力を怠るのは間違っていると強く強く考えています。

視覚情報は既にコミュニケーションの第一歩と言えますが、その改善を拒否することはコミュニケーションの拒否と同義であるともいえるためです。

もちろん容姿の根本が改善できないこともございますが、それをカバーするのがダイエットであったり、眉の手入れやファッションによる全体感のカバーなのです。

容姿へ気配り=コスパが悪い、生きていくうえでそこまで必要でない
と目にしたこともありますが(言葉の使い方や、何を利益にするのかの定義が必要ですが)、容姿へ無頓着であることこそ人の間で生きる我々にとってはコスパの悪い行為に思えてなりません。

※個人の意見です

※ただし○○に限る

 
さて、皆さんはこんな言葉を聞いたことがありますよね。
「ただしイケメンに限る」
「ただし美人に限る」

これは、容姿の良さがその他の行動自体、一般的には気恥ずかしい物、ださいものなどなどへの影響をプラス側に引っ張っていることを表している言葉です。

これをハロー効果と言います。
ハロー効果とは、ある対象を評価するときに、とある特徴に引きずられて他の特徴についての評価が歪められる現象のことを指します。

そのため婚活における第一印象がプラス側であれば、多少の失敗には目をつぶられ、言動が好意的に見られます。
容姿への気配りは、その後の言動にプラスの効果を及ぼすのです。

例えば芸人の徳井さん、割といやらしい下ネタばかり言っていますけど、全然嫌味には映らないですよね。

しかしながら、このハロー効果には、ポジティブ・ハロー効果とネガティブ・ハロー効果とがあります。
上記はポジティブ・ハロー効果であり、つまりその逆があるという事です。

容姿への気配りがない=第一印象が悪いと、少しの失敗は大きな失敗に捉えられ、言動は厳しい目で見られ、一つが気になるとさらに印象がマイナスに刻まれていくという悪循環が存在するとお考えください。

イケメンや美女は得をするということは皆さま経験的にご存知かもしれませんが、それは心理学的にも言われていることでございます。

自分は元が良くないから…しかしある程度の改善はできますよね。
せめて±0になるぐらいまでには容姿に気を回した方が良い、多くの方はそれが可能です。
分からないのであれば、恥ずかしがらずに聞いてほしいと思います。

関連コラム:【チーフコラム】戦略×婚活