このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません。

ゲーム大好きAさんの場合

【成婚者便り】オタクの夫婦生活 2018.03.14
ゲーム大好きAさんの場合
ご成婚された方々より、ご結婚した後の夫婦生活、苦労話や楽しい話をお聞きしていきます。

こんにちはー、小谷中です。

先日はトークセッションへのご参加ありがとうございました!司会をしたのですが、さすがにあの規模でイベント進行をしたことがなかったので前日は胃が痛かったです。

私も何かを書きたいと思い、お客様からご要望がある「成婚者のその後」をヒアリングして、書き記していきたいと思います。特定につながらないようある程度ぼかしますのでご了承ください。

ということで第一弾!


Aさんの場合

Aさんのデータ
【性別】男性
【年齢】30代後半
【趣味】ゲーム(Switchのゼルダやマリオ、FGO、またPCのSLG系が特に好き)
【以前】プライベートの時間をまるまるゲームに当てることもある

 

現在の生活がどんな風かお聞きしました。

去年後半からはほんと怒涛の日々でした…ようやく落ち着いて来た気がします。
式も挙げる予定で、親族との打ち合わせなどで、落ち着いてきたと言いつつ、まだちょっとバタバタですw

休日などは、オタク夫婦の割には…うちは普通の家庭かもしれません。
ちゃんと家事をしたり相手と話す時間もありますし、自分だけではない時間が増えたので、どうしても趣味の消化ペースはやや下がりました。

しかしお互いの好きなことをやる時間と言うのを設けていて、自分はゲーム、相手はジャンプ系などのイラストなどを描いていたり、マイペースの生活が出来ています。
過干渉しないのは、お互いがお互いの趣味の扱いを理解しているからこそかもしれません。

ただちょっとした悩みとしては、相手のイラストを見たいなあ…というのが小さな悩みですwまだ見せてもらったことがないので

それからマイペース過ぎて、夫婦としてこれでいいのかなあと思ったりするのも、オタク同士であるからこその悩みなのかもしれません。

とても穏やかで、お互いを思い遣っている生活が思い起こされます。

自覚されている通り、ちょっとした悩みや壁はこれからもいくつも押し寄せてくると思いますが、夫婦でコミュニケーションをしっかりとり、乗り越えて行っていただきたいですね!

関連コラム:【成婚者便り】オタクの夫婦生活