このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません。

【婚期がネタになるキャラが婚活をしたら?】ヤムチャ(ドラゴンボール)の場合

【とら婚公式コラム】肩の力を抜くコラム 2018.08.04
【婚期がネタになるキャラが婚活をしたら?】ヤムチャ(ドラゴンボール)の場合
ちょっとした息抜きに、遊びを交えた記事をお楽しみください

「いよいよ明日はコミックマーケットが開催されます!」という言葉をこのコラムの頭に入れるつもりで下書きしていたのですが、気づけばそれからもう1週間たっておりました。。。

さて、、コミケの様子はSNSやWEBちょこちょこと拝見していたのですが、目立つのは完売情報や企業、コスプレ情報、またスタッフさんの名言などですよね。

同時に毎年嫌な情報を目にします。コミケには「徹夜組の存在」「スリ、万引き」「ヤリ捨て(オフパコはお互いの了承あればいいと思いますが)」といった負の側面もございます。
購入したアダルトグッズを帰りの電車の中で人目につくのを気にせず持ち帰るのもまた負の側面の一つかと思います。

オタクと言えども常識的な行動は求められ、非常識なオタクは婚活においてはじかれてしまいますので、良識や常識は身につけなければなりません。

しかしコミケとは本当に楽しいもので、会員様からのお土産話を聞くたびに郷愁の念に駆られます。
コミケは戦争、祭り、自己表現の場、、、そして心の故郷である人もいるでしょう。私です。

そんな郷愁の念を抱きつつ、未婚で婚活していそうな男キャラを思っていたところ、いつの間にかにものがたりからフェードアウトしていき、しかし近年は物語の主人公にもなっている彼がふと、懐かしくも頭に浮かんできたのです。


CASE-3 ヤムチャ の場合


ヤムチャ(※それなりに出番のあったセル編終了時点とします)
年齢:34歳
地域:カプセルコーポレーションのある都市圏
職業;フリーの用心棒
収入:??
居住:カプセルコーポレーションに居候(賃貸?)
趣味:野球
性格:ナルシスト、チャラ男、小心者、仲間想い、お人よし、気遣い
容姿:美青年
スキル;料理、観察力、武闘
交際歴:ブルマ → 一般の女性→別れた?

参照:Wikipedia


強み


①容姿
彼は鳥山明先生公認のイケメンらしいです。イケメンは正義!

②性格:最大の強み
情に厚くお人よし、さらに空気を読んで即座に行動に移せる気遣いもできます。特に最後の項目は女性にとって非常に重要で、自分の気持ちを察してくれる、周囲の気持ちを察してくれることは男性がモテる必須条件であるということができ、そこに秀でる彼は大きな武器を手にしていると言えるでしょう。

③スキル
特筆すべきは「料理」です。彼は盗賊時代があり、自分の身の回りのことを自分でこなせる生活力があります。それは結婚しても妻に家庭のすべてを依存しない家庭を作ることが出来ることに繋がり、現代の地雷である「実家暮らし家事育児分担できない男性」に大きく差を付けられる要素です。

④職業
詳細は職業の記述があやふやですが、どうやらヤムチャはフリーの用心棒のようです。あのインフレ世界では後れを取っていますが、空も飛べるかめはめ波も打てる戦闘力も1480あり、地球の平均からすると驚異的な数値です。あの世界は猛獣行きかう世界観ですので、用心棒としての需要は一定あると推定されますので、戦う男性というのに魅力を感じる女性がいると思われます。

⑤年齢
34歳と言う男性の年齢は需要のピークの一つです。20代の女性からも受け入れられ、30代後半の女性からもアプローチがあり得る、働き盛りで容姿もいい時、子どものことを考えても多少の余裕がある男盛りと言えます。


弱み


A 居住:最大の弱み
彼はカプセルコーポレーションに居候しています。これが、同社経営のマンションに住んでいるという意味合いならいいのですが、ベジータ・ブルマ家族と頻繁に顔を合わせる半同居状態(Wikipediaの記述やアニメ的にはその可能性大)ですと、女性からの需要が一気に落ちる可能性があります。

実家暮らしと意味合いは近く、過去にどんな経験をしていても見かけのスペック的には「実家暮らし」であり、生活力の無さや思慮の甘さ、社会経験の薄さ、経済力の無さに繋がってしまうためです。
また「元彼女」と今も一緒にいるという点も、不審を増幅させる要素になってしまいます。

B 職業
彼の職業には3つのリスクが存在します。

①フリーであること:フリーと言うことは、仕事量や報酬量が不安定と言うことに他なりません。
②肉体労働職:彼の場合は大丈夫かもしれませんが、用心棒は体が資本であり、一般的な定年まで続けられない可能性もございます。
③用心棒:命の危険を伴います。

いずれもコミュニティの安定を求める傾向にある女性の好みからは外れることが多い(一方熱狂的なファンも存在しうる)職業と言えます。

C 性格
女性慣れしていなく(後に解消?)、仲間のためか踏ん切りがつかないのか、女性に一歩引くような傾向があるように感じます。要は主体性がないということで、ブルマとの交際もその傾向があったようです。一方プレゼントなどはしっかりしているみたいなので、ここぞという場面でヘタレなければいいのですが。。。


総評


総評すると、この時の彼だと70:30で結婚は難しいでしょう。

彼は自分のスペックの良さを生かし切れていないと言えます。

顔と性格が良いので交際まで、交際初期に関してはうまくいくと思いますが、それ以降に制限がかかってきます。
デートは基本的に外でしなければならず、「半実家暮らし」的な部分に女性が徐々に不安を覚えますし、生活力を披露する機会を得られません。ブルマの存在にも簡単には納得しないでしょう。
その不安は次に職業的不安定さへの不安へと繋がっていき、やがて彼自身の若干頼りない性格への不安へと伝搬していく可能性があります。

ヤムチャはいい人なのですが全体的に不安なのです。「良い人どまり」タイプと言えるかもしれません。

そのため彼の場合、カプセルコーポレーションから出ること、安定的職業に変えることが求められます。
それを行うだけで劇的に女性需要が高まるのですが、主体性をあまり持たず、大きな変化を嫌う平穏無事な性格から、自分で動く可能性は少なそうだな…という印象です。

※私はDBアニメ組(しかもフリーザ以降しか覚えていません)ですので、誤りがあったらごめんなさい。

関連コラム:【とら婚公式コラム】肩の力を抜くコラム