【とら婚】ごちうさについて・・・
とら婚公式コラムにおいて、特に「オタク」に関連の深いコラムです

あけましておめでとうございます。とら婚です。

今年は癸卯の年とのことで成長し飛躍するような年になるとのことで、
とら婚も来月に6周年を迎えるということで、よりパワーアップしていきたいですね。

さて卯年ということで、うさぎと言えば真っ先に思い浮かぶのが『ごちうさ』
今回はそんなごちうさの中で誰が一番婚活需要があるのかを書いていこうと思います。

とは言え、私はごちうさを見たことがないのでキャラクター紹介の説明文と見た目だけでの判断です。
つまりミリしら状態での評価なので、事実と異なる可能性が非常に高いです。

また全員評価してると分量がとんでもないので目についたキャラクターをピックアップします。
あらかじめご了承くださいませ。

【チノ】

クールな性格とのことで、感情表現が苦手な分、婚活市場で不利になってしまうことだろう。
勇気をもって自身の感情をお相手に打ち明けられるかが、鍵になってきそう。
コーヒーに詳しいということもあり家事能力は高めなのでスペック面については高ポイント。
常にウサギが頭の上に載っているので、将来の居住地でもめる可能性が高い。
初動のお見合いを超えてお相手が彼女のことを理解してくれれば、トントン拍子で進みやすいタイプ。

【リゼ】

常に銃を携帯しているとのことで、何かしらの裏社会と通じている可能性が高く、反社会的勢力とのかかわりがある時点で結婚相談所が利用できない。
心は乙女なのでマッチングアプリで変な男に引っかからないかが不安。誰かと相談して進められれば、案外うまくいくかもしれないだろう。

【シャロ】

エセお嬢様ということで過去の生活が忘れられずついつい高収入ハイスペック男子に果敢に申し込んでいきうまくマッチング出来ない未来が見える。
好き嫌いが多そうなので、デートに満足できない可能性高く、交際後も難航してしまう可能性が高く一番難航しやすいタイプ。

【青山ブルーマウンテン】

小説家ということで、休みの調整が聞きやすく積極的に活動しやすい反面安定している職業ではないのでそこがネックになってしまう可能性もある。
イラストを見ると綺麗で素敵な女性だが、大体こういうキャラは天は二物を与えずといったところで小説を書くこと以外のスペックがポンコツに違いないため、家事能力や金銭感覚など将来のすり合わせで難航するのは容易に想像できる。
出会って仲良くなるまでは早いが、真剣交際で難航するタイプ。

【まとめ】

他にもたくさんの魅力的なキャラクターがおり、人気作であることがうかがえます。
要所要所で難航しそうな方はいらっしゃいましたが、致命的な部分は見当たらなかったので、
順当に自身の幸せを考え、素敵なお相手を見つけられるのではないかなと思いました。

以上、今年もよろしくお願いします。
また今年こそは結婚したいと考えられている方はぜひ無料相談にお越しくださいませ。

もっととら婚を知りたいと思った方は

フォームでお問い合わせ・無料相談

お電話でのお問い合わせ

03-6479-7691

【平日】12:00~20:00【土日祝】11:00~19:00 / 年中無休(予約制)