このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません。

【第7回目】「隙」がない女性が「隙」を見せるには

ラブホスタッフ上野さんの相談室【出張版】 2018.03.02
【第7回目】「隙」がない女性が「隙」を見せるには
「ラブホの上野さん」原作者による恋愛・婚活テクニックの紹介、男女の違いの解説、会員様からのお悩みに回答させていただきます。漫画やドラマを見たことがない方もお楽しみください。

【ご質問】

オタク婚活をメインに婚活しています。
容姿にはそれなりに自信があるのですが、なかなかうまく行きません。
原因をカウンセラーさんに聞くと「隙がないからオタク男性はアプローチしてこないのではない
か」と言われました。
「隙」はどの様に作ったらよいのでしょうか?(20代女性)

 

【回答】

ご質問誠に有難う御座います。

最初にどうしてもご理解頂きたいことが御座います。

「隙がない」と言われることは、人間関係において致命的な欠点である。

このことをどうかご理解くださいませ。

「あの人の仕事は隙がない」とか「あの人の戦略は隙がない」というように、その人そのものではなく成果や行動に対して「隙がない」と言われるのは良いのですが、
人格に対して「隙がない」と言われてしまったら、それは人間関係において極めて重大な問題を抱えていると言わざるを得ません。

稀に「隙がない」ということを自分の高い能力かのように自慢をする方がいらっしゃいますが、それは「私はコミュ障です」と言っているようなもの。

女性に限った話ではなく「隙がない」という評価はマイナスの評価なので御座います。

そもそも「隙がない」と言われてしまう方は、何もその行動や仕事ぶりが完全無欠と思われているわけでは御座いません。

オブラートに包んで「隙がない」と言われているだけで、本当の意味は「あの人は社交性がない」「人と仲良くなる気がない」という意味で御座います。

もちろん「隙がない」と言われてしまう方が本気で「人と仲良くなるつもりがない」と思っているとは思いませんが、少なくとも周囲の方からそう思われてしまっているのは間違いないでしょう。
人間関係においては「自分がどう思うか」ではなく「相手からどう思われているか」ということが非常に重要なのです。

参照①:オタク婚活パーティ&お見合いで勝つコツ2
参照②:楽しく話せたのに後に続かない原因

脈がない、とほぼ同義

告白にせよデートの誘いにせよ、人が異性にアプローチをする際には「上手くいく可能性」が必要で御座います。

例えば、まだ一言も喋っていない女性にいきなり告白をする男性がおりますが、そういった場合でも少なくともその男性の中では少なからず「上手くいくかも?」という予想が存在するのです。

客観的に見れば100%失敗する告白で御座いますが、彼の中では0.01%くらい上手くいく可能性があるのです。

もし彼自身が「100%失敗する。成功率は0%」ということを理解していたら、彼は告白など致しません。
何かの間違いで上手くいくかもしれないという希望的観測こそが「初対面の告白」という凶行を生み出すと言えるでしょう。

この「もしかしたら上手くいくかもしれない」という気持ち。それこそが「隙」で御座います。

言い換えれば「隙がない」というのは、相手の男性から「脈がない」と思われてしまっているとも言えるでしょう。

<h2>正しい隙の作り方</h2>
それでは具体的にどうしたら「もしかしたら上手くいくかもしれない」と思わせることが出来るのでしょうか?

これは極めて表現は悪くなりますが

「こいつなら行けるんじゃね?」

と思われる必要が御座います。

「隙」=「こいつなら行けるんじゃね?」

という公式を作ってしまっても良いでしょう。

それでは男性はどのようなタイミングで「こいつなら行けるんじゃね?」と思うのでしょうか?

これはまた極めて表現は悪くなりますが

「もしかして俺のこと好きなんじゃね?」

と思った時で御座います。

つまり先ほどの公式をさらに発展させると

「隙」=「こいつなら行けるんじゃね?」=「好き?」

ということになるのです。

男性はどのような時に「好きなんじゃね?」と思うのか

さて、先ほどの公式の通り「隙」というのは「好き」と思わせることで御座います。

この「好き」というのは何も「あなたと付き合いたいです!」というような重い好きである必要はなく、「あなたと仲良くなる意志があります」程度のもので問題ございません。

この点に関しては「ぶりっ子」を参考にすると良いでしょう。

女性からの評価が最低な「ぶりっ子」で御座いますが、それでも死滅しないのは男性からの評価が非常に高いからに他なりません。

ボディタッチ、思わせぶりな発言、すぐに人に頼む。

女性からの評価が最悪なぶりっ子は「こいつ俺のこと好きなんじゃね?」と男性に勘違いさせる天才で御座います。

もちろんその全てを真似する必要は御座いませんが、参考になるところは大きいでしょう。

好きという

隙は好き。

つまり隙を作る最高の手段は「好き」と言ってしまうことで御座います。

しかし「言え」と言われて言えるなら誰も苦労は致しません。

それに「好き」の乱用は確かに「隙」を生みますが、同時に男性を調子に乗せすぎてしまう危険も御座います。有効な手段ではあるものの、使いすぎは厳禁な手段であるとも言えるでしょう。

そこでオススメしたいのが「部分好き」

基本テンプレートは「〇〇くんのそういうとこ好きだよ」で御座います。

例えば男性が仕事を頑張っていたら

「そういう風に仕事を頑張るところ好きだよ」

上司が責任ある行動をしたら

「〇〇さんのそういうところ素敵です」

男友達がリードしてくれたら

「〇〇のそういうとこカッコいいよね」

など。

人間性の全てを褒めるのではなく、その一部分を「好き」と言うことで男性に対して「俺のこと好きかも?」と思わせることが可能で御座います。

またこの方法は「あなたが好き」とは言っていないので、男性からすると「俺のこと好きなのか?」と丁度いい不安を与えることも可能でしょう。

非常に有効な手段で御座いますので、ぜひご活用くださいませ。

関連コラム:ラブホスタッフ上野さんの相談室【出張版】