このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません。

【質問箱】コスプレイヤーの婚活【オタク婚活】

2019.07.26

ご質問

いつも拝見しております。女性です。 先日婚活パーティで無事マッチングすることが出来ました。 マッチング後のお話中にお相手様がコスプレイヤーという身分のせいで苦戦されたと漏らしていたんです。 私もコスプレイヤーなので少し気になってしまいました。 もし良ければ、婚活市場におけるコスプレイヤーの評価についてお聞かせ頂いても宜しいでしょうか?

回答

もうすぐ8月!コミケ!となりの!ホリック!コスプレの盛り上がる時期になりましたね!

私はコミケに参加した際に「面白いコスプレの方いないかな」と拝見する程度でしたが、一人のオタクとしてコスプレ文化は面白く思っています。

さて、オタクの種類は数あれど、コスプレイヤーさんの婚活はどうなのかというご質問。

私が積極的に触れて来なかった問いでございます。

その理由は…男女・年齢(今回はパス)・容姿・コスプレイヤーの中のカテゴリ、コスプレへの傾倒度合い、そしてオタク婚活かそうでないかにより異なるという、要は説明するのが超面倒だからです。

しかしコスプレの夏を目の前に逃げるわけにはいかんと、取り留めのない文になることを覚悟して筆を進めます。

 コスプレイヤーが婚活でどのようなイメージを持たれるか

まずコスプレイヤー自体が婚活でどのようなイメージを持たれるか、オタク婚活と一般的な婚活で比較してみます。

このように、理解、選択基準、その後のギャップにおいて違いがあると私は感じています。アニメや漫画が一般的になり、ハロウィンでよく目にするようになったと言っても、一般の方からするとまだ異文化的なものの一つと言え、想い、活動や費用に関する部分の説明をする必要はありますし、当然「大人なのに…」等々に代表される偏見を持たれる可能性もございます。普通のオタクよりも理解の及びにくいものの一つであると言えるでしょう。

一方オタクからは、仲間の一種にように思われますし、ある程度の理解を得やすい部分もございます。しかしながら大勢のオタクからすると、コスプレはコミケやワンホビのようなイベントで見るか、もしくは画像で見かけるかしか接することがなく、イメージで判断される可能性が大きいと言えます。彼らもコスプレイヤーの現実像を知っているわけではないと思ってください。

オタクの方が理解や共感を得やすく仲間意識が働くが、しかし結局は色んな説明や根回しが必要な部分は一般とも変わらないので、絶対にオタク婚活でないといけないということはないとお考え下さい。

性別と容姿によるイメージの差異

次に、性別と容姿によりどのようなイメージや想いを持たれるかを簡易的に分類してみました。なお、ここからは一般人視点を入れるとさらに面倒なので除外します。残酷な話ですが、性別と容姿は、レイヤーの婚活に大きな影響を及ぼします。

婚活に限ると、女性は比較的ドライに、将来にわたって自分を含めた家族にメリットがあるかどうかで評価をします。そのため、男性コスプレイヤーそのものにさしたる魅力を感じないことが多く、「…で?それはいいけど貴方は…」という判断基準がすぐに来てしまうのです。判断する女性がコスプレイヤーの場合は共感要素が加わるかもしれませんが、そうでない場合は共感要素が大してありませんし。
容姿が大してよくない男性レイヤーさんの場合、特段プラス要素がない(一応オタ趣味に理解を示せるとかはありますが)とも言えてしまうのです。

一方男性は自分の世界にとって都合がいいかどうかで判断しがちなんです。女性以上に視覚情報を重視する男性にとってのコスプレのメリットとは、ほぼ「性的魅力≒セックス」だとお考えください。実際にコス活に使っている衣装を着てセックスなんてするレイヤー、ほぼいないんですけど、男性はコスプレセックスAVや、二次元イラスト等から自分の理想を夢見てしまうのです。

そのため男女を比較すると、女性コスプレイヤーさんの方は婚活で有利に働くことがあり、男性コスプレイヤーさんは苦労しがちなのです。もちろん「オタなんだし、自分の好きなことに一生懸命になればいい」という考えを持つ方もたくさんいらっしゃいますが、当然中には「容姿からかけ離れたコスプレは…」という考えの方もいらっしゃるのは事実です(コスプレ関係なく容姿切りはいますし)。

コスプレの対象・カテゴリーによる補正

コスプレイヤーさんならではの補正が掛かることも考慮すべきかもしれません。結論を言ってしまうと、「趣味を共有したいオタク男性とそうではないオタク女性の差」がここに現れます。

女性コスプレイヤーの場合、男性向けの作品のコスプレを嗜んでいたら大きなブーストが掛かります。しかし男性コスプレイヤーの場合、大してブーストは係らず、女性向け作品のコスプレを行った場合でも邪推されることもございます。

傾倒度合い

最後に、コスプレへの傾倒度合いや関わり方自体も影響を及ぼします。もう面倒くさくなったのでテキストでベタ打ちすると、性的オープン度合い(女性は大きすぎるとマイナス、ある程度の露出でブースト。男性は特になし)、イベント参加頻度(毎週末とかだとマイナス、大きなイベント+数回とかなら問題なし)、コスト(オーダーメードなどかけ過ぎだとマイナス、制作にプライベートの多くの時間を投資もマイナス)などなどたくさんの観点がございます。

結論

結論として、
・男性レイヤーは特にプラス評価されず、マイナス評価の要素が多くなります。レイヤーよりは、より人としての部分や将来への思慮、計画が求められます
・女性レイヤーは容姿(もちろん年齢も)、コスプレ対象次第で大きくプラスになりますが、男性の興味から外れた作品だと大してプラスにはなりません

さらに
・デートや結婚、共同生活をするに支障がない範囲かどうかが評価に影響する
と言え、ガチの方よりもライトユーザーで、しかも作品愛以上に異性受けのいいものをチョイスする方のほうが婚活では受けるというちょっと悲しい結果になる…というのが私の主観です。