【第26回】自分の考え方って普通!? ~婚活辞めて叙々苑に行け!
「ラブホの上野さん」原作者による恋愛・婚活テクニックの紹介、男女の違いの解説、会員様からのお悩みに回答させていただきます。漫画やドラマを見たことがない方もお楽しみください。

【ご質問】

現在、結婚相談所で出会い、交際中の女性がいます。仮交際中は順調だったのですが、真剣交際に入った後、自分と相手の価値観の相違が浮き彫りになり、すり合わせをしようとしても毎度口論になってしまったりと、彼女と交際することがうまくいきません。

例えば育児休業後の職場復帰の考え方で、自分側は職場復帰は一般的と考えており、結婚後、子供が生まれた後の奥さんに、フルタイムでの勤務およびに家事/育児を希望するのは、高望みでしょうか。お相手の女性は復帰はできないことが当たり前との考えです。自分の考え方が普通だと信じ込んでいる女性への対処方法で、相手の固定観念を緩めるにはどのように対処すればいいのでしょうか?
(30代男性)

普通とは

「自分の考えが普通だと信じ込んでいる」この一文をそっくりそのままご質問者様にお送りして今回の回答を終わらせたいくらいのご質問で御座いました。

もちろんご質問者様自身も「自分の考え方が普通だと信じているに過ぎない」と自覚をした上で、その上でなおこのような質問をされている可能性もあるでしょう。

大魔王の質問

ですがもしもそれを自覚しているのであれば、こんな恥ずかしいご質問文をお送りになるとはとても思えません。「相手を自分の思い通りにするために、相手の信ずるものをぶち壊したいのだ!!」なんていう悪の大魔王みたいな質問になってしまうのです。悪の大魔王が己の野望のために、プライドを殴り捨てて質問をされているのであれば尊敬に値しますが、おそらくそんなことはないでしょう。

ちなみにもしもご質問者様がそんな悪の大魔王のような理由で質問をされているのであれば、1つだけアドバイスをさせて頂きます。ラスボスは「世界の半分をお前にやろう」と言って交渉をするのです。

ただしこの場合、相手は世界の半分を受け取らずに戦闘をふっかけてくる可能性の方が高いのでご注意くださいませ。もちろん現実では剣と魔法の戦いにはならないでしょうが、関係が終わることは間違いありません。

3つのアドバイス

一方でご質問者様が「自分が正しいから、自分が正しいと思い込んでいる女性を何とかしたい」と思ってご質問をされているのであれば、私からお伝えできるアドバイスは3つだけ。

1つ。そっくりそのまま同じことを相手も思っている。

2つ。正義の敵は悪なんていう中学生みたいな正義感を捨てろ。

3つ。今すぐ婚活をやめて、その金で叙々苑でも行った方が良い。

正義なんてどうでも良い

どうやらご質問者様は様々な場面で女性と意見が対立しているようですが「子供が生まれた後の奥さんに、フルタイムでの勤務およびに家事/育児を希望」なんて仰るご質問者様が女性と対立するのは当然でしょう。

今では色々とあれな曲になってしまった「関白宣言」ですらここまでのことは言いませんでした。
あの曲は歌い出しにもある通り「かなり厳しいこと」も言っているのですが、それでも自分の妻に仕事をしろとは言っておりません。「俺が仕事をするから、お前は尽くせ」と言っているに過ぎないのです。

もちろんこの意見も現代ではあまり受け入れられるものでは御座いませんが、それでもご質問者様の意見に比べればマシでしょう。ご質問者様は「お前も仕事をした上で俺に尽くせ」と言っているのです。

受け入れてくれる女性はいるのか

しかし私は何もご質問者様の意見が間違っているとか、悪い意見だと言いたいわけでは御座いません。
確かにアンケートでも取れば70%くらいの女性が「この男は間違っている」と仰り、残りの30%くらいの女性が「こいつはゴミなのか?」と仰ることと思いますが、それすらも些細な問題でしょう。

ご安心くださいませ。私はご質問者様の意見が間違っているとすら思いません。もちろん正しいとも言いません。そんなことはどうでもいい話なのです。

重要なのはその意見を受け入れていれてくれる女性が存在するかどうか、もっと具体的に言えば今ご質問者様と真剣交際をされている女性が受け入れてくれるかどうかということだけ。
結論から言えば、受け入れてもらえる可能性はほぼないでしょう。それだけが重要です。

世間の評価は重要?

正しいとか間違っているとか。

普通とか普通じゃないとか。

正義とか悪とか。

結婚という2人の世界においては、そんな世間の評価などどうでも良いのです。2人が納得していて、法律さえ破っていなければ外野の私たちがとやかく言う問題でも御座いません。

叙々苑にでも行った方が良い

ただご質問者様にとっては不幸なことに、ご質問者様の意見に納得する女性はおそらく日本にはいないでしょう。絶対という言葉は嫌いなので「おそらく日本には」と付けましたが、多分世界中のどこを探しても存在しないことと思います。

だからこそ私は叙々苑にでも行った方が良いと言ったのです。
決して見つからないものを探すために金を払うくらいなら、美味しいカルビでも食べた方が人生の幸福度が上がるというものでしょう。何かの間違いでご質問者様と結婚してしまい不幸になる女性を減らすという意味でも。
せっかく結婚を夢見てとら婚にご入会頂いたのに誠に申し訳ございません。
ですが誰も幸せにならない方法を提供して金を稼ぐ気が私にはないのです。

とら婚より一言

今回は極端な質問の内容かつ上野さんからも厳しいご意見をいただきましたが、いかがでしたでしょうか?自分や自分を取り巻く世界では普通だと思っていることが、案外他人にとっては普通でないということも、相手との将来を真剣に考えるからこそ露見されたり、話し合いが必要になってきたりすることも多いかと思います。お互いにとって納得できる道を探すことができればいいですね。

関連:「普通」シリーズ
アラサー女子が婚活沼に嵌るのは「普通の男」が0.1%もいないから
「普通の男はこうする」を求める減点評価女子は婚活地獄落ち

もし、何かお悩みございましたらぜひ無料カウンセリングにお越しください。

もっととら婚を知りたいと思った方は